このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー 第2回

使えるイロモノ!? ギターエフェクターなUSBフットペダル「TonePedal+」

2015年06月30日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ビット・トレード・ワン「TonePedal+」

ビット・トレード・ワン「TonePedal+」

 USBフットペダルといえば、よく行なう作業を手ではなく、足で入力できるため、作業効率化目的として一定の人気を持つジャンルだ。

 編集部であれば、テープ起こしのときの手間を減らすべく、再生/一時停止、巻き戻しを割り振って活用している部員もいる。頻度の高い操作だが、それをショートカット入力すると作業効率が低下してしまうシーンにちょうどいいものだ。読者の中にも愛用している人もいるだろう。

 そんなUSBフットペダル界隈に、ニューフェイスがやってきた。第2回は、どう見てもギターエフェクターなUSBフットペダル「TonePedal+」(税別直販価格1万2800円)をチェックしよう。

ズッシリとくるアルミダイキャストボディー

パッケージもそれっぽい感じ

パッケージもそれっぽい感じ

本体正面。ノブ×2とフットペダル×1の構成。OUTPUTとINPUTのプリントも洒落がきいていていい。ところで、TonePedal+ふたつを連結したらどうなるんだろう……

本体正面。ノブ×2とフットペダル×1の構成。OUTPUTとINPUTのプリントも洒落がきいていていい。ところで、TonePedal+ふたつを連結したらどうなるんだろう……

 エフェクターの類いは、足で操作することが前提となっているため、基本、ヘヴィーなボディーを採用している。TonePedal+も同様で、アルミダイキャストボディーで重量260gと、手に持つと実にイイ感じだ。

本体左側面。PCと接続するためのUSB Type-Bがある

本体左側面。PCと接続するためのUSB Type-Bがある

本体右側面。マウスやキーボードなどを接続できるUSB Type-Aがある。ハブとしてはUSB 2.0のようだ

本体右側面。マウスやキーボードなどを接続できるUSB Type-Aがある。ハブとしてはUSB 2.0のようだ

 ビジュアルはイエローを基調としており、本体正面にフットスイッチ×1とノブ×2、本体左側面にUBS Type-BがPC接続用として、本体右側面にはUSB Type-A×1がUSBハブとして用意されている。それにしても、フットスイッチがしっかりと金属製であって踏み踏み操作時に安心感があっていい。

 フットスイッチはギターエフェクターなどと同じ仕様になっており、踏みやすいようにスイッチカバーを取り付けることも可能。また入力ごとにカチッカチッと操作音がハッキリ聞こえるのはオフィス用途には向かないが、操作感は実にいい。そして手で押下するには少し重く、足だと軽い感じが、たまらなくいい。

 ノブはTONE1、TONE2があり、それぞれ1~4で切り替え可能。フットペダル同様に操作感がよく、ちょっと力を入れてしっかりと切り替える必要があると、適度な重さがステキだ。

(次ページに続く、「TONE 1/TONE 2で操作する独特のペダル入力」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン