このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー 第1回

ソニーのLEDスピーカー「LSPX-100E26J」の使いどころを考える

2015年06月23日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ちょっと面白いなって製品や小便利なアイテムをチェックしてこうぜってことでスタートすることになった本連載。ふんわんりとしたノリで決まったわけだが、毎週毎週、何かしらをチェックしていきたいと思う。

 ASCII.jpの掲載記事群を見てみると、ノートPCやスマホのレビューは多いが、周辺機器方面は皆無に近い。メインに立つ存在ではないが、周辺機器は主役たちを引き立てる存在であり、日々、何かしらの新製品が登場している。ということで、本連載では、周辺機器中心に紹介しつつ、たまに脱線したりしながら、ゆるふわストロングスタイルで進めていくつもりだ。

 第1回は、ソニーのLEDスピーカー「LSPX-100E26J」(実売価格2万5000円前後)。LEDとスピーカーが一体になった製品だ。

LEDライトとしてはごくごく普通

 LSPX-100E26JはE26口金に対応しており、日本家庭によくある電球ソケットに接続できる。LEDライトとしての性能から見てみると、全光束360lmで電球色。配光は広配光で、透明な光学レンズグローブを採用し、効率よく光を広げられる構造になっている。

 写真を見てもわかるように、一般的にLEDライトと側面形状が異なり、また後述するLEDスピーカー用の構造が透けて見えるのもあり、LEDライトながらガジェット感があるのも、ビジュアル面での特徴だといえるだろう。

先端部はスピーカーなので光らないのだが、側面を中心に光るため、なにやらガジェット感が豊富だ

先端部はスピーカーなので光らないのだが、側面を中心に光るため、なにやらガジェット感が豊富だ

E26口金なので、既存環境に組み込みやすい

E26口金なので、既存環境に組み込みやすい

 サイズは直径61mm×116mmで、これも多くのLEDライトからはみ出るものではなく、既存の環境に組み込むにあたって問題は少ないと思われる。

 ただ注意点としては、湿気などへの対策はされていない(スピーカーがあるためだが)ため、お風呂用の照明としては使用できない。製品概要を見た時点でお風呂用にと考えてしまった人もいると思うが、その部分は大人しく防水Bluetoothスピーカーか防水スマホで代替するといいだろう。

付属のリモコン。NFCに対応する

付属のリモコン。NFCに対応する

NFCリーダーは本体底面にある

NFCリーダーは本体底面にある

 付属品にはNFC内蔵リモコンがある。LSPX-100E26Jのオンオフや明るさの調整のほか、再生・一時停止、タイマーの操作にも対応する。またスマホアプリ「SongPal」での明るさの調整も可能だ。

「SongPal」から操作しているところ。調光は32段階

「SongPal」から操作しているところ。調光は32段階

左が明るさ最小の状態、右がその最大。手元を照らしたり、雰囲気ライトにしたりするには十分な明るさ。メイン照明には厳しい

(次ページに続く、「使い所を考えるとマッチするスピーカー機能」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン