このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ 第147回

日本MSは、いつWindows 10“発売”イベントを開催するか?

2015年06月05日 11時00分更新

文● 大河原克行、編集●ハイサイ比嘉/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 10“発売”記念イベントの開催は?

 では、7月29日に、Windows 10“発売”記念イベントが開催されるのだろうか。

 日本マイクロソフトが“発売”という言葉を使っていない限り、“発売”記念イベントは成り立たないのだが、このタイミングで、Windows 10搭載PCやのタブレットが、メーカー各社から出揃えば、何かしらのイベントが実施される可能性がある。

 だが、振り返ってみると、2012年のWindows 8の発売時には、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で、発売前日から前夜祭を開催したのを皮切りに、深夜のカウントダウン発売、量販店での発売セレモニー、ユーザー向けイベントの開催など、各種イベントが相次いだものの、2013年10月のWindows 8.1のときには、プレス向け発表イベントだけを開催。しかも、これは全世界でみても日本だけ行われた特例のものだった。また、深夜発売も、東京・秋葉原のドスパラ パーツ館が、唯一実施しただけだった。

ベルサール秋葉原で開催されたWindows 8前夜祭

日本マイクロソフトの樋口社長が「世界で日本が一番最初に発売する国。Windows 8は自信を持ってお勧めできる」と挨拶

2013年10月のWindows 8.1の提供開始プレスイベント

2014年4月、「Windows 8.1 Update」の新機能に関する「Windowsの最新状況に関する記者説明会」を開催

Windows 8.1のときには、DSP版Windows 8.1の深夜販売をドスパラ パーツ館が実施

“クラウディアの中の人”こと、日本マイクロソフトの戸倉彩さんも深夜販売に参加

市場を盛り上げられるチャンスがいくつかある

 実は、日本マイクロソフトは、Windows 8.1のときにも、“発売”という言葉を使わずに、「アップデート」という言葉を使っていた。今回発表した、Windows 10の7月29日も、“発売”ではないことを考えると、やはりイベントは開催しにくいのもかもしれない。

 日本マイクロソフトでは、7月29日のイベント開催については「現時点では未定。ただ、過去のローンチを真似たアプローチを行うという前提もない。Windows 10は当社が進めているトランスフォーメーション(変革)の象徴であり、前例にとらわれずに、様々なアプローチを検討している」と語る。

 確かに、Windows 10の場合は、アップグレードの提供開始のタイミング、Windows 10搭載PCが出揃うタイミング、そして、PCやタブレット以外のデバイスにもWindows 10が広がるタイミングといったように、市場を盛り上げることができるタイミングがいくつかあるという点も見逃せない。これも、前例が当てはまらない理由のひとつだ。

 そうなると、モバイルデバイス向けの投入は、今年後半となることから、その時期に改めてなにかしらのイベントが開催される可能性はありそうだ。

 もちろん、日本マイクロソフトにとっては、最初にWindows 10が市場に提供されることになる7月29日に、最大のインパクトを持って行きたいのは確かだろう。だが、日本マイクロソフトにとって、タブレットやスマホなど、これから攻略すべき市場向けにデバイスが出揃ったタイミングで仕掛けることも、重要なマーケティング施策になることは容易に想像できる。

年末商戦に市場を盛り上げたい、業界関係者

 実は、業界関係者の間からは、なるべく年末商戦に近いところで、市場を盛り上げたいとの声もある。需要のピークにあわせたいからだ。Windows XPのサポート終了に伴う、買い換え需要の反動もあり、いまのタイミングで、PC市場を盛り上げても時期尚早。効果は限定的というのも事実だろう。しかも、Windows 7やWindows 8のユーザーは、無償でWindows 10にアップグレードでき、デバイスの買い換え需要も限定される。その点でも、盛り上がりのピークを年末商戦向けに持って行ったほうが得策だともいえそうだ。

 Windows 10という市場活性化の切り札は、年末までじっくりと引きつけてから切るというのも、ひとつの手段になりそうだ。


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン