このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2015レポート第18回

たぶんお買い得なOCZ製の新型SSD「Trion 100」がお目見え

2015年06月05日 10時38分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OCZは新型の2.5インチ対応SSD、「Trion 100」シリーズをCOMPUTEXで公開した。東芝製A19nm TLC NANDフラッシュを採用する新型モデルで、今年夏以降の発売が予定されている。

OCZが公開した新型の2.5インチ対応SSD「Trion 100」シリーズ

 「Trion 100」シリーズは、開発コードネーム“Alishan”コントローラーを採用するエントリークラス向けのSSD。東芝製A19nm TLC NANDフラッシュとの組み合わせで、シーケンシャルリードは最大で550MB/secを実現する。

 ラインナップは120GB、240GB、480GB、960GBの4モデル。最近秋葉原でも人気のパフォーマンスモデル「ARC 100」と同様、コストパフォーマンスに優れたモデルとして登場することになりそうだ。

“Alishan”(阿里山)と聞くと、山と言うよりはお茶を連想してしまう。ちなみに開発中の次期コントローラーは“Fujisan”とのこと

【取材協力】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中