このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2015レポート第16回

Thermaltakeが壁掛け用PCケースをCOMPUTEXで展示

2015年06月05日 10時03分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeは、壁掛け&机にもなるユニークなPCケース「Core P5」を公開。COMPUTEX用のコンセプトモデルかと思いきや、本気で売ろうというから驚きだ。

壁掛け&机にもなるユニークなPCケース「Core P5」を展示しているThermaltake

 「Core P5」は、「せっかく購入した自作パーツを見たい(見せたい)」という要求に応えるべく開発されたPCケース。マザーボードやビデオカード、HDD、SSD、電源ユニットといったパーツ類をベース部分に搭載。このまま設置すれば、アクリル板越しにいつでもパーツ類が見られるという。

縦置きのほか、インシュレーターも備えており、横置きにも対応する

 本体は縦置き、横置きはもちろん、壁掛けにも対応。さらに横置き時には机としても機能するよう、アクリルではなく強化ガラスにする案も検討中とか。もろもろ問題はありそうなものの、見せることに特化したユニークなケースとして発売が待ち遠しい。

こちらはコンセプト。壁掛けにすれば、稼働しているPCは眺めていることもできる

【取材協力】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中