このページの本文へ

復刻ばかりじゃないのがNAMMショー 2015

NAMMショー最大の目玉はコルグの真空管にローランド30年ぶりのシンセ!

2015年02月07日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

価格次第で化ける可能性があるエフェクター「ES-8」

 ところで、ギターも弾く私としてはBOSSブランドの「ES-8」というエフェクター用のスイッチングシステムが気になりました。BOSSのコンパクトエフェクター専用ではなく、他メーカーのエフェクターも接続できる汎用設計で、MIDIコントローラーの機能も有しています。これは価格次第によっては大ヒットするのではないでしょうか。

ヤマハからは女性のボカロ「CYBER DIVA」

 ヤマハのトピックは、VOCALOID 4の女性歌声ライブラリ「CYBER DIVA」でした。デモを聴いた限りでは、ロックやエレクトロポップに向いた声質のように思えます。付属の専用ユーザー辞書を使えば、アメリカ英語の発音ができるということで、日本のボカロPが全米ヒットを飛ばす、なんてことがいずれ現実になるかもしれません。

CYBER DIVA

 

 

 ところでNAMMショーとは直接関係ありませんが、VOCALOIDの父・剣持秀紀さんが、ヤマハ株式会社事業開発部 yamaha+推進室 VOCALOIDプロジェクトから離れ、2015年1月1日付けで同社の新商品や新規事業の開発にあたられるということです。

 もし2007年にあのムーブメントが起こらなかったら、私もこうしたウェブ媒体で仕事をすることはなかったと思います。剣持さん、ありがとうございました。そして、おつかれさまでした。

(次ページでは、「コルグ・ノリタケからはまさかの真空管」

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン