このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

前田知洋の“タネも仕掛けもあるデザインハック” 第58回

クライアントとの関係を損なう5つの危険 プロとは、いったい何なのか?

2015年01月30日 09時00分更新

文● 前田知洋

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3.マジギレしない…、でもプチ切れはオーケー(笑)
 プロは、寝食を削ってでもいい仕事を追求する人もいます。でもそんな労力がボツになってしまう厳しさもまたプロの世界です。そんなときにマジギレしないこと。できるかぎりクールでいることがプロの条件でもあります。しかし、自分がどうしても我慢できないことを、相手に伝えることも大切ですし、場合によっては信頼関係がより深まることも…。ただし、自分の怒りがフェアかどうかの確認も必要です。

4.同業者の悪口を言わない/書かない
 広報として、ブログやSNSに仕事に関連することを日々投稿することも珍しくなくなりました。しかし、ネタがないからといって、同業者の批判や悪口を書いたり、公の場所で発言するのは禁物です。自分の主張や矜持は仕事で示す。それがプロです。ただし、親しい友人や家族などに「あれはないよね…」なんてストレスを酒の肴にするのはOK。ただし、自分の家や居酒屋の個室、スカイプなどで…(笑)。

SNSに投稿のネタがないときはペットの写真。いわゆるワイルド・カードです。

5.最後に定番、納期の遅れ/遅刻
 プロの条件は、期限までに仕事を仕上げること。「自分が納得いかないから…」なんて中二病な言い訳を納期の遅れに使わないのがプロの条件です。

たいがいプロは名刺を持ちますが、名刺があるからプロというわけではありません(笑)

前田知洋(まえだ ともひろ)

 東京電機大学卒。卒業論文は人工知能(エキスパートシステム)。少人数の観客に対して至近距離で演じる“クロースアップ・マジシャン”の一人者。プライムタイムの特別番組をはじめ、100以上のテレビ番組やTVCMに出演。LVMH(モエ ヘネシー・ルイヴィトン)グループ企業から、ブランド・アンバサダーに任命されたほか、歴代の総理大臣をはじめ、各国大使、財界人にマジックを披露。海外での出演も多く、英国チャールズ皇太子もメンバーである The Magic Circle Londonのゴールドスターメンバー。

 著書に『知的な距離感』(かんき出版)、『人を動かす秘密のことば』(日本実業出版社)、『芸術を創る脳』(共著、東京大学出版会)、『新入社員に贈る一冊』(共著、日本経団連出版)ほかがある。現在、ビジスパからメルマガ「なかマジ - Nakamagi 2.0 -」、「Magical Marketing - ソシアルスキル養成講座 -」を配信中。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ