このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

MFTも同時にレポート

「SC-88Pro」復刻アプリと最新ボカロに注目の楽器フェアレポ

2014年11月29日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

すぐに使えるサンプラー「asm/jmp」

asm/jmp

 ネットレーベルのDm9 Recordsが開発した、今すぐ使えるサンプラー。本体のボタンでWAVファイルのカットアッププレイをします。外部のMIDIコントローラーでも操作可能。キット価格8000円ということですよ。

テクノっぽい音が良い「ICを使わないコンピュータ」

ICを使わないコンピュータ

 トランジスタだけでコンピューターを作るキット「FullTr-11」で知られるKataandTakaさんが、リレーだけでコンピューターを作りました。カチカチと音を立てながら円周率を計算します。音楽用の機材ではありませんが、なによりその音がテクノで最高でした。

最後はまさかの植物プランター

re:make

 木製のパネルにパッチ用のジャック、そして「re:make」というネーミングから、ロキシー・ミュージックとEMSあたりをイメージしたシンセなのかと思えば、植物のプランターということでした。ガレージ×spirotによる展示。

 前半はここまで。後半は再び楽器フェアに会場を移し、注目の展示を見ていきます。また同時期に東京ビッグサイトで開催されていた、大豆の祭典「2014豆腐&大豆食品フェア」も覗いてきたので、その様子もレポートしたいと思います。



著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン