このページの本文へ

記者の耳 ちょっとそこらで聞いた話

ベンチャー始めるにはいくらかかるの?

2014年10月04日 07時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)/大江戸スタートアップ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 短い人生、一度くらい自分のアイデアに全てを賭けてスタートアップしたいもの。でも起業っていくらかかるんだろう。

 日本政策金融公庫の「2013年度新規開業実態調査」によれば平均開業資金は1195万円。1995年の1770万円から比べると600万円近くも下がっているけど、うーん……やっぱりそれなり。ただ500万円未満の割合も34.8%と高いので、預金100万円チャレンジ中の私でもチャンスはあるのかも。

 では、成功しているベンチャーはどうなのか?

 聞けば、企業情報プラットホーム「SPEEDA」ユーザベースの開業資金は借入金を含めて3350万円とさすがにリッチ。ところが当時システム会社にSPEEDAの要件を出して見積もりをとったところ、提示された価格は4000万円だったとか。いきなり650万円の追加工面なんて無理!

 このままではせっかくのアイデアも水の泡になる、どうにかできないかと思っていたところ、ユーザベース稲垣裕介COOが東京工業大学大学院の天才エンジニア竹内秀行氏と出会い、破格といえる条件でSPEEDAの原型を作ってもらえたのだそう。

 「竹内さんに救われた。出会っていなかったら今の僕たちはなかった」とは、ユーザベースの梅田優祐CEO。お金はもちろん、いいご縁があるかどうかでベンチャーが成功するかどうかは決まりそう。記事をお読みの皆さま、私に素晴らしいビジネスアイデアがありますよ!



■関連サイト

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画