このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

マイクロソフト・トゥディ 第107回

過去最多、404家族が参加した日本マイクロソフト「品川オフィス ファミリーデー」

2014年08月21日 19時30分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトにとって、今や毎年恒例のイベントとなった「ファミリーデー」が、今年も開催された。

今年は8月18日に開催された日本マイクロソフトの「品川オフィス ファミリーデー 2014」

 今年で4回目となった「品川オフィス ファミリーデー 2014」は、子供たちの夏休み期間中にあわせて、社員の家族を品川の本社に招待。社員食堂である「One Microsoft Cafe」や、執務フロアや応接フロアの一部を開放。家族で楽しめる数々のイベントを用意して、楽しんでもらおうというものだ。

家族は社員の職場を見学可能。子供たちはお父さん、お母さんの仕事場に興味津々

Lyncを使ったテレビ会議システムも子供たちが体験

マイクロソフトテクノロジーセンターも公開

過去最多の404家族、1455人が参加

 今年はお盆明けとなった2014年8月18日に、午前10時から午後5時までをファミリーデーとしてオフィスを開放。404家族、1455人が参加した。

 昨年は、366家族、1253人が参加したが、それを上回る過去最大の参加者となった。日本マイクロソフトの社員は約2500人であることから、約6分の1の社員の家族が参加したことになる。

 日本マイクロソフトの樋口泰行社長は、「ファミリーデーは今年で4回目の開催となり、参加者が過去最多となった。One Microsoft Cafeのランチタイムを見ても、例年よりも盛り上がっている。多くの社員と家族参加してもらっており、このイベントを楽しみにしてくれている社員も多い」と語る。

樋口社長の社長室もこの日は特別に公開

 また「6月に終了した2014年度は、日本マイクロソフトにとって過去最高の業績となり、最高の年となった。これは、全社員が一丸となり、エンドユーザーやパートナーのために、頑張った成果。その社員が頑張れるのも、家族に支えられているおかげ。

 ファミリーデーは、お父さん、お母さんが、そして、息子や娘がこんな会社、こんな職場で働いているということを知っていただくとともに、社員から家族に感謝を伝えるためのイベントとして定着してきたと考えている。私自身も、多くの社員・家族の皆さんと交流でき、またたくさんの笑顔やうれしい言葉をもらい励みになった」と語る。

 樋口社長自身も、この日は、対外的な面談や社内ミーティングの数を減らし、参加した社員や家族と話をしたり、一緒に写真を撮るといったサービスに時間を割いていた。

樋口社長と記念撮影する社員の姿も見られた

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン