このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

読んだら買いそうになる!? お買い得品発掘情報第17回

1万円台以下でも買える? コスパ最強のデジタルカメラはコレだ!

2014年01月17日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 コンパクトデジタルカメラもハイエンドが人気だが、その一方で普及クラスもお買い得という点では見逃せない。

 今回はスマートフォンのカメラよりも確実に撮影できて、楽しみが広がり、しかも安いというものをチョイスしてみた。今は年末年始の需要が一段落し、一部で新製品は発表されたが、通常2~3月に投入される新製品の登場待ちということもあり、注意してみると特価品も登場しているのだ。

300mmの望遠&1cmまでのマクロ撮影を8000円台で
カシオ「EXILIM EX-ZS170」

カシオ「EXILIM EX-ZS170」
カシオ「EXILIM EX-ZS170」

 カシオと言えば元祖デジタルカメラのブランド。お買い得機を多数輩出しているが、カメラ自体はきちんとしたものとなっている。

 まず、値段でお得なのは「EXILIM EX-ZS170」。最安レベルでは8000円台前半から購入できる。すでに一部で終息している店舗もあるので要注意だが、昨年9月発売の12.5倍高倍率ズーム機がこの値段なのだからお買い得だ。

 2万円以上の高倍率ズームと違う点は、撮像素子に裏面照射型CMOSセンサーではなくCCDセンサーを採用している点。高感度撮影時などは若干不利になる。また、最新機種ではWi-Fi搭載機種が増えているが、本機はWi-Fi機能が非搭載となる。

 しかし、スマホのカメラでは実現不可能な300mm相当(35mmフィルム換算)の望遠レンズや、1cmまで近づけるマクロ機能が使えるほか、メカニカルシャッターを備えているため、走行中の電車やクルマから景色を撮った際に像がななめに歪むことも起こりにくくなる。CCDシフト式の手ブレ補正ももちろん備えている。

カシオ「EXILIM EX-ZS170」

  • 撮像素子:1/2.3型CCD
  • 有効撮像素子:1610万画素
  • 光学ズーム:12.5倍
  • ISO感度:ISO 64~1600
  • 紹介ページ

スマホからリモート撮影など機能山盛りで1万3000円台
ソニー「サイバーショット DSC-WX200」

ソニー「サイバーショット DSC-WX200」
ソニー「DSC-WX200」

 少し予算を上げれば今年人気の機能が山盛り入った機種が手に入る。ソニーの「DSC-WX200」はWi-Fi機能が充実し、単なる画像転送だけでなく、スマホからリモートでシャッターが切れるなど先進装備を備えている。

 先般話題になったスマホに装着する“レンズだけのカメラ”こと「DSC-QX10」とは、10倍光学ズームレンズや裏面照射型CMOSセンサーなどほぼ同じスペック。それに加えてDSC-WX200は、当たり前だが(ディスプレーがあるので)カメラ単体できちんと撮影できる。しかも価格はDSC-QX10の約2万円から大幅に安い1万3000円台。

 もし、スマホのカメラのグレードアップを想定してDSC-QX10を検討している場合、どうしてもあのカタチでなければならない理由がなければDSC-WX200がおすすめ。予算があるなら20倍ズームレンズを搭載してレンズ自体がワンランクアップした上位の「DSC-WX300」も検討したほうがいいだろう。

ソニー「サイバーショット DSC-WX200」

  • 撮像素子:1/2.3型裏面照射型CMOS
  • 有効撮像素子:1820万画素
  • 光学ズーム:10倍
  • ISO感度:ISO 100~12800
  • 紹介ページ

シャッターチャンスを逃さないサクサク性能をゲット
カシオ「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR800」

カシオ「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR800」
カシオ「EX-ZR800」

 カシオと言えば、撮影素子にCMOSセンサーを使い、超高速連射時代を切り開いた歴史がある。その直接の後継ではないが、高速連写やサクサクと撮れるシャッター、速い起動など、ハイスピードなカメラが「HIGH SPEED EXILIM X-ZR800」だ。

 価格は1万8000円台と高めだが、見合った以上の性能が詰まっている。

 撮影素子は裏面照射型CMOSセンサーで、感度と連写性能を確保。0.016秒のレリーズタイムラグや、0.18秒の高速オートフォーカス、1.3秒の起動時間など、スマホのカメラでは実現の難しい性能を備えているため、シャッターチャンスを逃さないというカメラにとって最も大事な部分を抑えている。

 特徴的な機能としては、光学18倍ズームレンズを搭載することもあって手ブレ補正が強力。同社が「5軸対応 HS手ブレ補正」と呼ぶ機能では、上下左右のブレの補正だけでなく、上下左右の回転ブレについても高速連写合成を行なって補正してくれる。どんなシチュエーションでも、よりブレていない写真が撮れそうだ。

カシオ「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR800」

  • 撮像素子:1/2.3型裏面照射型CMOS
  • 有効撮像素子:1610万画素
  • 光学ズーム:18倍
  • ISO感度:ISO 80~25600相当
  • 紹介ページ

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン