このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

読んだら買いそうになる!? お買い得品発掘情報第24回

増税前よりも安い!? GW前に欲しいお買い得なデジタルカメラ

2014年04月24日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 消費税増税を迎えた4月だが、デジタルカメラに限っては全体的に値下げ製品が目立っている。

 もともと、この時期は前年にデビューした製品が値下がりしていく傾向があるが、値下がり幅が大きければ(増税前の)3月よりも支払い額がダウン、ということも……。

 そこで、ゴールデンウィーク直前の今、お買い得になった人気デジタルカメラを紹介する。

高機能ミラーレス一眼が2ヵ月で1万円ダウン!
オリンパス「OM-D E-M10」

オリンパス「OM-D E-M10」
オリンパス「OM-D E-M10」

 まず紹介するのは、オリンパスのミラーレス一眼「OM-D」シリーズのエントリー機となる「OM-D E-M10」。シリーズの中ではエントリーだが、OM-Dシリーズ自体が同社デジカメの上位製品という位置づけで、手に持ったときのしっかりとした金属感や、心地いい響きのシャッター音など高級感はタップリだ。

 しかも、レンズキットに含まれる新型標準ズームレンズは収納時は薄くなり、自動開閉レンズキャップがオプションで用意されるなど、携帯性という点でもかなり優れている。

 発売当初の2月の価格は、標準ズームレンズとのセットで9万円を超えていたが、現在では消費税込みで8万円前後まで値下がりしている。

 そして、おすすめは標準ズームレンズのセットに対してプラス1万円程度の9万円前後で望遠レンズまで付属する「ダブルレンズキット」。望遠レンズを別途購入するよりお得だ。

 なお、直近は連休前の需要期ということもあり、安売り店を中心に値上げ傾向に転じている。連休で使いたい場合や次の値下がりを待てないなら、早めにゲットしたほうがいいだろう。

オリンパス OM-D E-M10

  • 撮像素子:有効1605万画素
  • 連写速度:最大約8コマ/秒
  • 感度設定:ISO 100相当~25600
  • ディスプレー:3型(104万画素)
  • 無線LAN:内蔵
  • 紹介ページ

コンパクトなデジイチも5万円台で!
キヤノン「EOS Kiss X7」

キヤノン「EOS Kiss X7」
キヤノン「EOS Kiss X7」

 さまざまな店舗で売り上げの上位を占めるのがデジタル一眼レフだ。「カメラといえば光学式ファインダー」という人や「豊富な交換レンズが揃ったメーカーで揃えたい」という人がまだまだ多いのだろう。

 その中でも根強い人気を誇るシリーズがキヤノンの「EOS Kiss」シリーズ。エントリー機と上級機とロングセラー機が入り混じった現行4機種ラインナップとわかりにくい構成だが、現在もっともオススメの機種が「EOS Kiss X7」だ。

 デジタル一眼レフながら幅116.8×奥行69.4×高さ90.7mm、重量(本体のみ)370gという小型・軽量なボディーが特徴。シリーズ内で上位機種の位置づけだが、発売から1年以上経っていることから、4月に入って価格は値下がり傾向。標準ズームレンズキットは最安値ベースで5万5000円前後だが、大手家電量販店では約6万円に10%ポイントがつく店もあり、探しまわらなくても購入しやすい。

 オススメは標準ズームレンズキットの「EF-S18-55 IS STM レンズキット」。望遠ズームレンズも含む「ダブルレンズキット」も人気だが、現在の価格ではレンズ1本のセットほど割安感はなく、望遠レンズが必要でなければ積極的にはおすすめしない。

 むしろ、コンパクトで基本性能をしっかり抑えたEOS Kiss X7だけに、最初はレンズ1本ではじめ、後から交換レンズ選びを楽しむほうをすすめたい。

キヤノン「EOS Kiss X7」

  • 撮像素子:有効1800万画素
  • 連写速度:最大約4コマ/秒
  • 感度設定:ISO100~12800(拡張で25600)
  • ディスプレー:3型(104万画素)
  • 無線LAN:非搭載
  • 紹介ページ

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン