このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

望遠の手ブレ補正がさらに進化! 新サイバーショット4機種登場

2013年01月16日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
高倍率ズーム機の「DSC-WX200」。ピンク、ゴールド、シルバー、ブラックの4色展開だ

高倍率ズーム機の「DSC-WX200」。ピンク、ゴールド、シルバー、ブラックの4色展開だ

 ソニーから、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の新製品4機種が発表された。いずれも1月25日発売予定だ。まずはCMOSセンサー搭載機を紹介しよう。

手ブレ補正と暗所撮影機能を強化した「WX200」

DSC-WX200のシルバーモデル

DSC-WX200のシルバーモデル

背面には2.7型(46万画素)のディスプレーを搭載する

背面には2.7型(46万画素)のディスプレーを搭載する

 有効1820万画素の裏面照射型CMOSセンサーと光学10倍ズームレンズを搭載する「DSC-WX200」(予想実売価格2万8000円前後)は、手ブレ補正の精度を強化。望遠撮影時で従来機種よりもシャッタースピードを約2段分遅くしてもブレない撮影が可能という。

 また、夜景の撮影機能も強化。オート撮影モードの「プレミアムおまかせオート」で暗い場所での動き検出が追加されたほか、フラッシュ撮影時により遠くまで明るく写せるようにISO感度を自動調整する「アドバンスフラッシュ」機能が搭載された。

 本機は従来機種と同じく無線LANを内蔵しており、スマートフォンとの連携が可能。新機種では新たにスマホからライブビューを確認し、シャッターも切れる「スマートリモコン」アプリに対応している。

 また、撮影画像のスマホへの転送に関しても、従来はスマホからの操作のみしかできなかったのに対して、新機種ではカメラ側の操作で画像の転送ができるようになり、撮影直後に画像をスマホの高精細な画面ですぐに確認できる。

 撮影機能では新たに「ビューティーエフェクト」を搭載。撮影画像に写る顔を認識し、肌をなめらかにしたり、目の部分を大きくしたり、歯や肌の色を白くしたり、テカリを除去するなどの画像処理を行なう。

 そのほか、特殊効果の「ピクチャーエフェクト」の一部が、パノラマ写真や動画にも適用可能になり、パノラマ写真は360度の撮影が可能となった。

光学8倍ズームのスタンダードモデル「WX60」

「DSC-WX60」。カラーはブラック、ピンク、ホワイトの3種類

「DSC-WX60」。カラーはブラック、ピンク、ホワイトの3種類

 CMOSセンサー搭載機としては、「DSC-WX60」(予想実売価格2万3000円前後)も同時に発売される。有効1620万画素の裏面照射型CMOSセンサーと光学8倍ズームレンズを搭載。

背面には2.7型(23万画素)のディスプレーを搭載する

背面には2.7型(23万画素)のディスプレーを搭載する

 WX200の手ブレ補正や無線LAN機能などは搭載しないが、ビューティーエフェクトやピクチャーエフェクトのパノラマ&動画対応、360度のパノラマ撮影、アドバンスフラッシュなどは本機も搭載する。

ソニーストア

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画