このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」 第29回

青春時代をカセットで過ごした人のマストアイテム

昭和世代感涙! レトロなカセットテープ型音楽プレイヤーアプリ

2014年01月19日 12時00分更新

文● ノッツ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カセットテープのごとく機能はシンプル
インターネットラジオが聴けるのもいいですね

下の方をタップすると機能のボタンが現れます。再生するファイルやネットラジオの選択は「取出し」ボタンなのもにくい

アンぽん 思い出に浸っている人は置いておいて……。とりあえずアプリとしては、とてもシンプルです。基本的にはスマホ内に入れている音楽ファイルの再生と、また、世界各地のWEBラジオ局からのインターネットラジオの再生がメインのアプリになります。

スマホに入れている音楽ファイルがアルバム・アーティスト・曲ごとに表示されます。かつてカセットで聴いていた懐かしの曲をこのアプリで聴くと、センチメンタル倍増です

1000以上の局からネットラジオを選択可能。ネットラジオなので、パケット量には若干注意が必要かも

ノッツ ネットラジオはお任せでBGMを流したいときにいいですね。懐メロをよく流しているWEBラジオ局を選ぶと「古いラジカセ感」がより高まります。あと素晴らしいのが、スワイプするとカセットのデザインが変わるんですよね。数種類あってどれもそそります! これは外国のアプリですが、曲名表示が日本語にも対応しているのがうれしいです。

スワイプするとカセットのデザインが変わる。あの頃よく使ってたテープの柄を思い出しながらセレクトすると、思い出の曲が更に染みる!

アンぽん ただ本当にシンプルなアプリなので、イコライザーとかそういう音質調整の機能がないのは、人によっては物足りないかもしれませんね。アプリ同士の相性もあるかもしれませんが、イコライザーアプリを別途インストールして併用してみたりするのもアリかもしれません。

ノッツ 僕はどの音楽プレイヤーアプリでもイコライザーはオフかフラットの時が多いので、そこまで気にならなかったですけどね。むしろ、使うヘッドフォンの方を気分によって変えて音を調整してます。

アンぽん スマホの音楽プレーヤーとなると外でヘッドフォンと共に使うことが多いでしょうから、ヘッドフォンの選択も重要ですものね。でもこのアプリの場合、レトロさがキモだったりするので、あえて安いイヤフォンという手もあるのでは?

ノッツ たしかに! 僕も昔は謎のメーカーのイヤフォンでカセットテープを夜中に布団にくるまって聴いてたりしていました。チープな音の方がいいかもしれない。

アンぽん 唯一あるちょっとハイカラな機能が、曲の共有機能でしょうか。このアプリで曲を聴いていて感動を分かち合いたくなったときに、ぜひ使ってみてください。

いま聴いてる楽曲の情報をFacebookやTwitterなどで共有できます

ノッツ いや〜、いいアプリでした。機能が最低限なのもかえって“らしさ”がありますね。

アンぽん なんだか今回、終始カセットへの思い出補正が働いた記事で、カセットに親近感のない人は置いてけぼりな気がしますけれど……。

ノッツ たしかにそうかもしれませんが、カセットがとうになくなり、音楽はもはや大容量のSDカードやネットから聴く時代になった最近ではありますけれど、このカセットのリールが回ってる感じを見てると、僕が音楽活動をし始めたあの頃を思い出すんですよ。

アンぽん ほほう?

ノッツ 自分のオリジナル曲をMTRで作り出したころ、まだMDも普及してなかったからカセットにテープに自分の曲を録音して、学校の友達へ持って行ってたんです。それがすごく楽しくて。早く友達の新しい感想が聴きたくて、安いテープを沢山買って、曲も毎週のように作ってたんです。あの頃の音楽に対してのピュアな感情が、蘇ってくる気もするんですよ……!

アンぽん おお! では今年は初心に帰って、純粋な心で音楽と向き合うってことでしょうか!

ノッツ あ……えっと、別にそこまでは考えてなかったです。

アンぽん せっかく締まったと思ったのに台無しだよ! ……そんなこんなで相変わらずの私どもですが、今年もまったりとコーナーを担当させていただければ幸いです。

ノッツ

著者近影

 地元の工場で働きつつ自宅録音ひとりバンドKNOTSとして音楽活動をしていたが、宅配ピザ屋すらない田舎っぷりに限界を感じて上京。ピザを食べながら東京で音楽活動を本格化させると思いきや、なぜか最近マンガやイラストでの活動が主になっている。マンガは現在、音楽誌サウンド・デザイナー『たくろくガールズ』、まんがタイムきららMAX『ソラミちゃんの唄』を連載中。単行本は『クルミくん NO FUTURE』『ソラミちゃんの唄(1)』が発売中。2014年に『カタワレノワレワレ』単行本発売予定。

ウェブサイト
Twitter

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン