このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第4回

“絶対王者”BLTと、“異端児”ハバネロトマトが登場

マクドナルドの新しいクォーターパウンダーは、肉密度1000%の超ボリュームだ!

2013年06月17日 20時49分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
新しいクォーターパウンダーを食べてきたのだ

マクドナルドの夏の発表会に
アスキー・ジャンク部が潜入

 「アタラシイクォーターパウンダーガ ハッピョウサレタ! タダチニ シュザイ シタマエ!!」

 某アクションゲームのような指令がデスクから飛んできたのは、我らがASCII.jp編集部のお荷物、アスキー・ジャンク部。マクドナルドが、今夏に発売する新商品の発表会を行うというのだ。

 ジャンクフードの顔役ともいえるハンバーガー。その中でも、「メガマック」や「クォーターパウンダー」などのヒット商品を出してきたマクドナルドは、アスキー・ジャンク部にとっても本丸といえる。そのマクドナルドが新商品を発表するというのだから、駆けつけないわけにはいかない。

 というわけで、編集部からの「なに、お前ASCIIフェスの準備で忙しいのにどこ行くの?」という冷たい視線を、「いやあ、取材です……」と煙に巻きながら会場に向かった。

発表会には「BITE!」の文字が。これは何を意味するのか

登場したのは“絶対王者”BLTと、
“異端児”ハバネロトマト

 商品キャンペーンの全体概要について説明したのは、「マックからマックへ」でおなじみの原田泳幸代表取締役会長兼社長兼CEO。そこで早々に紹介されたのが、夏の新商品として発表される期間限定の2種類のクォーターパウンダー、「クォーターパウンダー BLT」(520〜570円、地域別価格)と「同 ハバネロトマト」(480〜520円、地域別価格)だ。発売は6月24日(一部店舗を除く)だが、先行販売を実施する店舗もある。

どどんっと発表されたのは、「クォーターパウンダー BLT」と「クォーターパウンダー ハバネロトマト」だった

 原田会長は、マクドナルドの「いい意味で驚きを与える」大きな成功キャンペーンの事例として、過去の「100円メニュー」や「メガマック」などを挙げ、その中の一つとして2008年の「クォーターパウンダー」を位置づけた。しかし、今回のクォーターパウンダーから始まる夏のキャンペーンは、それ以上の盛り上がりを狙っているようだ。

原田泳幸代表取締役会長兼社長兼CEO

 「今回始まるキャンペーンは、社内ではそれら以上の盛り上がりを期待して、既に全社員・全店舗・全店長・全オーナーと細かい会議を繰り返した。過去にない覚悟を決めて、力を結集してスタートするキャンペーン」(原田会長)。今までにない試みをやるということで、今回のクォーターパウンダー2商品はその第1弾に位置づけられる。さらに、第2弾として「サマーデザート」キャンペーン、第3弾「コークグラス」キャンペーン、第4弾「ブレックファスト(朝食)」キャンペーンを順次展開していくという。

マクドナルドの夏キャンペーン。今回のクォーターパウンダーは、その第1弾に位置づけられるという

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン