このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第30回

ホワイトチェダーチーズ2枚のとろける誘惑! チキンフィレオも出ています

今度のクォーターパウンダーは白くとろける「ホワイトチェダー」!

2013年12月11日 18時59分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2枚のチェダーチーズがアツアツに絡み合うこのクォーターパウンダーは、クリスマスの時期に恋人同士で食べるのにピッタリ。もちろん一人で食べてもOKだぞ(頬を濡らしながら)

クォーターパウンダーの新顔は
2枚のチェダーチーズを引き連れてやってきた

 マクドナルドのクォーターパウンダーにまたまた新顔登場! それが「クォーターパウンダー ホワイトチェダー」である。12月11日から「チキンフィレオ ホワイトチェダー」と合わせて、一部店舗を除く全国のマクドナルド店舗にて期間限定で発売される。

 チキンフィレオも気になるところだが、アスキー・ジャンク部が狙うのは、当然(?)クォーターパウンダーである。何しろ彼らは、以前マクドナルドの発表会に潜入したにもかかわらず、発表内容もそこそこにクォーターパウンダーを食べ比べた感想をメインに書きつづったという前科がある(関連記事)。

箱も見た目も、存外に地味である。とはいえ、ハンバーガーは中身で勝負だ

 気になる中身だが、クォーターパウンダーということで、使用されているパティはもちろん1/4ポンドビーフパティ(通常のビーフパティの約2.5倍)。それをホワイトチェダーチーズ2枚で挟んでいるのがポイントだ。さらに、香ばしく焼いた2枚のグリルベーコンも挟まれており、なんだかすごいことになっている。ただ、大きなお世話かもしれないが、その割に見た目は地味だ。

 とにかく色々と挟みまくっているが、それらの味付けの決め手は、刻んだオニオンをローストしたオニオンフィリングと、マスタードソースの辛味だそう。公式のリリースによれば、「ビーフパティの美味しさを思い切り満喫できるハンバーガーに仕上げました」とのことだ。

 そんなわけでこの新しいクォーターパウンダーの味を伝えるのは、原稿のペースが編集部平均の1/4の速度という“クォーターエディター”、ジャンク部・コジマである。

さっそく、いただきまーす……これ、いけますよ!

 写真の通り、ジャンクな食べ物なら大体気に入ってしまうコジマだが、その中でも今回のクォーターパウンダー ホワイトチェダーは相当気に入ったようだ。そもそも、チーズとビーフパティというのは、チーズバーガーのないハンバーガーショップなどちょっと思い当たらないぐらい、バーガーの王道を往く組み合わせ。悪かろうはずがない。

 しかし、ポイントはなんといってもオニオンフィリングだろう。このローストしてあるオニオンの香ばしさと、マスタードソースの辛さが合わさることで、チーズの甘みをくどく感じないのだ。さながらオニオングラタンスープのように、タマネギの風味とコクが引き締め役となっている。これは歴代のクォーターパウンダーの中でも、かなりの傑作ではないだろうか。

 ただ、価格設定はちょっと気になるところ。単品では460円〜520円、マックフライポテトM・ドリンクMが付いたバリューセットでは760円〜810円となる(地域別価格)。やや高めに思えるのは否めないところだが、しかし味のクオリティーはなかなか高い……と思ったのも事実。一見、じゃなかった、“一食”の価値はあるのではないだろうか。

これからの時期、カップルでマクドナルドに行くこともあるでしょう。そんなときはぜひこのクォーターパウンダーで、幸せな夜を過ごしてくださいね。ちなみにコジマのクリスマスの予定は「一日中、編集部で仕事です……」とのこと。写真はイメージです

 というわけで、今日のジャンク部はクォーターパウンダー ホワイトチェダーでした。ごちそうさまでした。

ごちそうさまでした

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ