このページの本文へ

「GR」に「RX1」に「DP2 Merrill」……今高画質コンデジがアツい! 第3回

GR LENSやカールツァイスの実力は!? 専用設計レンズ対決!

2013年06月12日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノン「PowerShot G1 X」撮影サンプルその1

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

キヤノン「PowerShot G1 X」撮影サンプルその2

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

 ズームレンズ採用の本機は広角側で撮影。絞り開放からシャープで解像感の高い描写となっている。

 F8.0あたりが一番シャープになり、それ以上絞ると若干だがシャープネスは低下していく。全絞りで解像感が高く、安心してシャープな写真が撮れるレンズだ。開放時に極周辺部で画質の低下はあるがきにするほどではないだろう。

シグマ「DP2 Merrill」撮影サンプルその1

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

シグマ「DP2 Merrill」撮影サンプルその2

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

 近接時の絞り開放ではかなりシャープネスの甘い描写だが、1段絞るだけでかなりシャープ。ちょっと距離をおくと開放からシャープな画像になる。

 最小絞りまで絞ってもシャープネスの低下はあまり見られない。開放値ではソフトな描写、少しでも絞るとシャープな画像を撮れる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン