このページの本文へ

「GR」に「RX1」に「DP2 Merrill」……今高画質コンデジがアツい! 第3回

GR LENSやカールツァイスの実力は!? 専用設計レンズ対決!

2013年06月12日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 被写体は2パターンを用意。花の撮影サンプルは最短撮影距離に近い位置で撮影しているので、収差も大幅に発生しやすい状況だ。

 カレンダーの撮影サンプルは前回の感度撮影と同条件。写真撮影用の蛍光灯を使用し、ISO感度を機種ごとの標準状態の最低感度で固定、ホワイトバランスは「オート」に設定している。

リコー「GR」 撮影サンプルその1

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

リコー「GR」 撮影サンプルその2

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

 絞り開放から中心部はシャープで、解像感が高い。F8.0以降では絞りすぎて回折現象が起き、シャープネスは低下していくが、かなり良好なほうだ。

 シャープネスが一番高くなるのはF5.6付近だが、最小絞りのF16でも実用上はまったく問題ないレベル。ボケ方もきれいで形状を残しつつ、やんわりとボケていく。

ソニー「DSC-RX1」撮影サンプルその1

F2.0

F2.0

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

F22

F22

ソニー「DSC-RX1」撮影サンプルその2
(左列はレンズ設定すべてオフ、右列はすべてオン)

F2.0

F2.8

F4.0

F5.6

F8.0

F11

F16

F22

 絞り開放ではかなり柔らかい描写で、1段絞るだけでシャープネスが高くなる。F5.6付近で一番シャープになり、それ以降は絞りすぎでシャープネスは低下しく。

 それでも十分な画質をキープしており、目一杯絞っても安心して使用可能だ。

 なお、RX1にはレンズ補正の設定があり、周辺光量、倍率色収差、歪曲収差のそれぞれの補正をオン/オフにできる。花の写真はデフォルトの設定で、周辺光量と倍率色収差はオート設定、歪曲収差はオフで撮影している。

 カレンダーは左列がオフ、右列がすべての設定をオンにしている。周辺光量の低下はかなり目立ち、設定でオフにしているとF22でも目立ってしまう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン