このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2013レポート特集第3回

MSIのカンファレンスで見つけた未発売マザーやVGAをチェック

2013年06月03日 23時25分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 明日4日の開幕を控えた本日、MSIはTICC(台湾国際会議センター)において「NEW.MSI」と銘打ったメディア向けカンファレンスを開催した。

TICC(台湾国際会議センター)で行われたMSIのメディア向けカンファレンス

 冒頭で、昨日「Intel Technology Day in Akiba 2013」に参加していた米インテル副社長スティーブ・ダルマン氏が登壇。MSI製マザーボードと、デビューしたばかりのHaswellこと第4世代Coreプロセッサーを紹介した。

MSIの上級副社長Charles Chiang氏が挨拶。Haswell対応の新製品などを紹介した
米インテル副社長スティーブ・ダルマン氏や、NVIDIAでジェネラルマネージャーを務めるScott Herkelman氏もゲストとして登壇
著名なオーバークロッカーである“Elmor”氏や、開発にも参加したプロゲーマーのPatrik“cArn”Sattermon氏の公開インタビューも実施

 HaswellやNVIDIAの新型GPUがデビューした直後ということもあり、なかなか新モデルをお披露目するのが難しい状況。そんな中にあって注目したいのが、以下の2製品だ。
 1つめの「N770GTX Lightning」は、GeForce GTX 770搭載の「Twin Frozr IV」仕様と思われる製品。MSIフラグシップモデルの同シリーズだが、すでに国内での取り扱いが発表されている「N770GTX Twin Frozr 4S OC」と並んで、店頭に並ぶこととなりそうだ。

GeForce GTX 770搭載の「N770GTX Lightning」。またGeForce GTX 780搭載のオリジナルクーラー採用モデル「N780GTX Gaming」の展示を確認できた

 2つめは、Haswellに対応したMSIのオーバークロック向けマザーボード「Z87 MPOWER MAX」のさらに上位に位置する「Z87 XPOWER」。XL-ATXフォームファクターや大型ヒートシンクとヒートパイプを採用した冷却ユニットなど、ハイエンドモデルらしい製品となっている。なお国内での予価は5万7800円。6月中旬の発売が予定されている。

MSIのオーバークロック向けマザーボードのハイエンドモデル「Z87 XPOWER」
Computex Best Choice Golden Awardを受賞したLGA1150対応マザー「Z87-GD65 GAMING」。国内でも2日から販売中だ
オーバークロッカー“Elmor”氏による、「Z87 XPOWER」を使用したOCパフォーマンス珍しいクーラーマスター製PCケースとのコラボモデル。EUバージョンで残念ながら国内発売の予定はないという

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中