このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2013レポート特集第33回

SAPPHIREが水冷のRadeon HD 7990をCOMPUTEXで展示

2013年06月11日 17時37分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2013の会場である南港展覧会場にプライベートルームを出展していたSAPPHIRE。ここでは水冷クーラーを標準装備する「Radeon HD 7990」搭載ビデオカード「ATOMIC HD 7990」の開発サンプルを展示していた。

銅製の水冷クーラーを装備した「Radeon HD 7990」搭載ビデオカード「ATOMIC HD 7990」。今回の展示も、デモ機に組み込まれたこの1枚しか準備していないとのこと

 「ATOMIC HD 7990」は、銅製の水冷クーラーに覆われたビデオカードを、全長240mmのラジエーターで冷却する水冷モデル。基板は2オンスの銅を使用した12層という強固な作りで、50Aの電源回路を12フェーズ搭載し、最大600Aの電源回路を搭載している。第3四半期に発売予定で、予価は1500ドル以上になる見通しだという。

見るからに頼もしい厚みの「ATOMIC HD7990」基板にはオーバークロック用のブーストボタンも確認できた
補助電源コネクターは8ピン×3

“Z87”チップセット搭載の中国向けマザー

 日本ではVGAブランドとして有名なSAPPHIREだが、日本以外の国ではマザーボードなども販売している。今回の展示でもZ87チップセット搭載マザーボードを2枚展示していた。発売時期は第3四半期の前半を予定しており、製品は中国市場向けとのことだ。

ATXフォームファクターの「Z87A-MA」Micro ATXフォームファクターの「Z87M-PR」

SAPPHIREブランドの
中国向けタブレット

 展示ブースの奥でSAPPHIREブランドのタブレットPCが3枚ほど、ひっそりと展示されていたのを見つけた。解像度1280×720ドットの6インチIPS液晶を搭載する「E602」は、1GBのメモリーと16GBのストレージを内蔵する。OSはAndroid4.1で、SIMスロットを2基装備している。

中国向けということで、ダブルSIM仕様にしたという「E602」。Mini HDMIポートとMicro USBポート、MicroSDカードスロットを本体下部に搭載している

 Wi-Fi仕様となる「A703」のスペックは、液晶サイズが7インチにアップし、バッテリー容量が2800mAhから3200mAhと増えていることと、フロントカメラの性能が上がっている点を除くと、「E602」とほぼ同じ。

「A703」は、本体の下部にMini HDMIポートとMicro USBポート、MicroSDカードスロットを搭載している

 最も大きな8.1インチ液晶を搭載した「E812」も、「E603」と同じダブルSIMスロットを搭載したモデルで、バッテリー容量が「E602」と比較して、2倍以上の6000mAhになっている。

「E812」の本体下部のレイアウトは「E602」と同じ

 3製品とも発売は8月前半を予定しているが、中国や東南アジア向けで、日本での発売は予定されていない。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中