このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2013レポート特集第32回

国内販売も決まったNUC対応のアルミ製ケースをズラリと紹介

2013年06月10日 23時25分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2013では、インテルの小型PCフォームファクターNUC(Next Unit of Computing)対応のPCケースをいくつか確認できた。ここでは日本でも発売される予定のアルミ製NUCケースを紹介しよう。

Akasaの「Newton」シリーズ。COMPUTEX終了後にブラックモデルの国内販売が決定している

もうすぐ発売
Akasa「Newton」

アルミ製ファンレスNUCケース。ケース全体を使って放熱する仕組みだ

 Akasaの「Newton」は、国内でも近々販売が開始されるアルミ製ファンレスNUCケース。ケース全体を使って放熱する仕組みで、マザーボードは逆さまにマウントする構造だ。サイズは150(W)×150(D)×47(H)mmで、重量は930g。対応マザーボードは「D33217GKE」と「D33217CK」。VESAマウントにも対応済みでコンパクトに利用できる。

対応マザーボードは「D33217GKE」と「D33217CK」。VESAマウントにも対応する

ラインナップ増加中の
SilverStone

丸みを帯びたデザインが特徴的な「PT15」。SilverStoneらしいデザインといえる

 SilverStoneからは、すでにその存在が明らかとなっている「PT14」に加え、「PT15」「PT16」「PT17」の3モデルが新たに発表されている。いずれもアルミを採用したSilverStoneらしいデザインで、発売となれば人気となりそうだ。また「PT17」については“AMD Next Unit Computing”という記載も見える。NUCと呼ぶかどうかはさておき、AMD製の小型マザーボード用のケースとなるようだ。

「PT16」は2.5インチシャドウベイのほかにSATAコネクターを備え、写真のように直差しが可能になるユニークな仕様だ
AMD製の小型マザーボード用と思われる「PT17」。ケースも気になるがマザーも気になる

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中