このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第39回

春のハイスペックXスマホ、カメラ勝負の結果は?

2013年04月29日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ARROWS X、AQUOS PHONE Xx、STREAM XというXのついた強力春モデル3機種をチェックしているスマホ定点観測。今回はカメラ機能を比較する。スペックを見れば3機種ともカメラが高性能なのは分かるが、各メーカーとも一番のウリというほどプッシュしているわけではない。果たしてその実力のほどは?

ドコモ「ARROWS X F-02E」

ソフトバンク「AQUOS PHONE Xx 203SH」

イー・モバイル「STREAM X GL07S」

好勝負が期待できそうな3機種

 これまでの結果は、前々回(関連記事)はスペック面でARROWS X、料金でSTREAM Xがリード。前回(関連記事)はAQUOS PHONE Xxがスピード勝負で勝ち、3機種とも譲らずという展開だ。

 まずはカメラの主なスペック、機能を確認してみよう。

  ARROWS X AQUOS PHONE Xx STREAM X
カメラ画素数 1630万画素CMOS
(裏面照射型)
1630万画素CMOS
(裏面照射型)
1300万画素CMOS
(裏面照射積層型)
インカメラ 130万画素CMOS
(裏面照射型)
120万画素CMOS
(裏面照射型)
130万画素CMOS
動画撮影サイズ フルHD フルHD フルHD
動画撮影中に静止画保存 ×
高速起動
高速撮影
手ブレ補正
顔認識
シーン設定数 なし 11 12
連写機能

 さすが各社の最強クラスのスペックを誇るだけあって、表を見るだけでも豪華なのがわかる。

 ARROWS XとAQUOS PHONE Xxは16.3メガの高画素カメラ。インカメラも裏面照射型CMOSセンサー。STREAM Xは画素数だけなら2機種に劣るが、それでも13メガで、注目の裏面照射積層型CMOSセンサーを搭載。これは実際に撮影した写真でどう違いが出るのか楽しみだ。

 高速起動/高速撮影(短い撮影間隔)も、実際に試してみると3機種とも○が普通に付く。気になるのはARROWS Xの「シーン設定数なし」だが、これは前サイクルのARROWS A同様(関連記事)、初心者でも分かりやすいカメラUIになっているため。シーンは自動で設定されるので、マニュアルでは設定できない。これはスペック表的には不利だが、実際に使う場合はシンプルで便利だ。必ずしも悪い評価にはならない。

 STREAM Xが動画撮影中の静止画撮影に対応していないものの、3機種ともスペックだけなら満足できるだろう。

 では実際に使ってみてはどうだろうか。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン