このページの本文へ

ASCII.jp編集部が冬のお買い物を完全サポート!第7回

個性派端末続々!あなたはどの端末で読む?

専用端末からタブレットまで!今買うべき電子書籍端末5選

2012年12月14日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部 ナカムラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

年末のお買い物をASCII.jp編集部がサポートする「冬の買い物企画 2012」。第7回は、今年さまざまな機種が生まれた「電子書籍端末」。専用端末やタブレットなどを含め、電子書籍の利用に最適な端末を5製品紹介する。

 楽天「kobo」やアマゾン「Kindle」などの新端末が登場し、賑わっている電子書籍端末市場。最近では1万円以下で買える端末も多く、普及が進んでいる。各メーカーが開発した端末はどれも個性的で、サービスとの連携の仕方も様々。どれを選んだらいいかわからないという人のために、ASCII.jp編集部が最新機種の中から電子書籍の利用に最適な5製品を選んで紹介する。(以下、価格はすべて税込)

iPadの弟分が
手に馴染みやすいサイズで登場

iPad mini
価格 Wi-Fiモデル 16GB:2万8800円、32GB:3万6800円、64GB:4万4800円
Wi-fi+Cellularモデル 16GB:3万9800円、32GB:4万7800円、64GB:5万5800円


 2012年11月2日にAppleから発売された7.9型タブレット。iPadの性能はそのままに、手になじんで持ちやすいサイズになっている。バッテリーはインターネット利用時で最大10時間。「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル」をラインナップしている。カラーバリエーションはブラック&ストレートとホワイト&シルバーの2種類。画面の解像度は1024×768ドットと、Retinaディスプレイ搭載のiPadには劣るが、文章を読む用途なら問題ない。iTunesやiOS向けの各種電子書籍サービスを利用できる。

■製品情報

読書もネットもこれ1台!
Google謹製タブレット

Nexus 7
価格 1万9800円


 2012年9月25日にGoogleから発売されたAndroidタブレット。製造はASUSTeKになる。7型IPS液晶を搭載し、ディスプレーの解像度は1280×800ドット。OSはAndriod 4.2を搭載。ウェブブラウジングや読書なら、1回の充電でおよそ10時間連続使用が可能。Google Playブックスをはじめとして、BookLive!、紀伊國屋書店、GALAPAGOS、Kindleストア、Reader Store、BOOK☆WALKERなどの各種サービスが利用できる。

■製品情報

機能・コスパともに優秀
コンテンツも充実

Kindle Paperwhite
価格 Kindle Paperwhite 7980円、Kindle Paperwhite 3G 1万2980円


 2012年11月19日にアマゾン・ジャパンから発売された電子書籍端末。Wi-Fiのみのモデルと3G回線を無料で利用できるモデルの2種類がある。ディスプレーには6型の電子ペーパーを採用しており、眼が疲れにくいフロントライトも内蔵している。バッテリー駆動時間はライトを使用しても最大8週間。書籍はアマゾン独自のKindleストアで購入する。端末の容量は2GBだが、アマゾンのクラウドストレージが無料で利用できる。購入した本はクラウドストレージに転送され、自分のKindleにいつでもダウンロードできる。

■製品情報

薄くて軽い!
移動中に読みたい人はコレ!

Sony Reader PRS-T2
価格 9980円


 2012年9月21日にソニーから発売された電子書籍端末。6型の電子ペーパーをディスプレーに採用し、無線LAN機能を内蔵している。ストアは、ソニーとブックリスタが連携して運営する「Reader Store」に対応。Evernoteにクリップしたウェブページをクラウド経由で転送したり、お気に入りの文章や書籍情報をFacebookに投稿するなど、ソーシャルネットワークとの連携機能も搭載。本体は約164gと軽量で、薄さは0.91cmと新書とほぼ同じサイズで、通勤時などの移動中に読むのに最適だ。カラーバリエーションはマット仕上げのブラックと、光沢仕上げのホワイトとレッドの3種類。

■製品情報

国内最大級のストアが魅力
電子ブック初心者にも安心の端末

BookLive! Reader Lideo
価格 8480円


 2012年12月10日にBookLiveから発売された電子書籍端末。6型電子ペーパーを採用し、無線LANとWiMAX通信機能を搭載している。本体料金に通信費用が含まれるので、別途通信費は必要ない。BookLiveは、トッパングループが中心となって設立された企業で、国内最大級の約10万冊を取り扱う電子書籍サービス「BookLive!」を運営している。LideoではBookLive!が扱う書籍の中の、モノクロ端末に適した約9万5000冊を購入できる。BookLive!で購入した本は同社が運営するクラウドサービスに保存され、別の端末でダウンロードできる。

■製品情報

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン