このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

写真で見せる「Nexus 7」詳細レポ 7型タブの時代キタ!

2012年09月25日 22時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは、7型ディスプレーを搭載するAndroidタブレット「Nexus 7」の日本での販売を開始した。同社のオンラインストアである「Google Play」のほかに、10月2日からはヨドバシカメラやビックカメラなどの大手量販店の店頭でも販売する。

 国内で用意されるのは内部ストレージが16GBのモデルで、価格は1万9800円。海外での発表時(アメリカでの発売は7月)は199ドルの価格も話題になったが、これは8GBモデルの価格。16GBモデルは249ドルなので、国内でのサポートを考慮すると、内外価格差はほとんどなくて、お買い得。ネット上で広く噂されているアップルの7型タブレット(iPad mini?)とともに、大きな話題となるだろう。

 「Nexus 7」の主要スペックについては、海外での発表時にも紹介しているが(関連記事)、あらためて見ていこう。

海外での価格がほぼそのままに日本上陸。このスペックでこの価格は他のメーカーにも衝撃か? 国内ゲームメーカーのタイトルもアピール

 まず、前述したようにディスプレーは7型でIPS液晶を採用。視野角が広く、明るい液晶が印象的だ。CPUもクアッドコアのTegra 3で、最大1.3GHz駆動。パワフルなCPUとGPUにより、後述する発表会でもゲーム用途も強くアピールされている。

 海外・国内ともに3Gモデルは用意されず、通信は無線LANのみでIEEE802.11b/g/nをサポート。また前面のみに120万画素のインカメラを装備。また、NFCも搭載する。バッテリー容量は4325mAhで、HD動画の再生時は9時間、ウェブブラウジングは10時間としている。OSは最新のAndroid 4.1(Jelly Bean)だ。

7型タブレットはやはり電子書籍にもゲームにも最適なサイズと言える
背面のデザインは海外版と共通。滑りにくく落としにくい。華やかさには欠けるが実用的だ。製造を担当したASUSのロゴもある
余計な装飾はなく、とにかくシンプルなデザインだ
GALAXY Tab 7/0 Plus(右)と比較したところ。Nexus 7は画面解像度が高いところも魅力だ
1280×800ドットの液晶を搭載。PC用ウェブサイトや電子書籍もこのように見やすい
国内の周辺機器メーカーにも早くからアプローチしていたのか、バッファローなどからカバー類も登場するNFCも搭載している
電子書籍のサービスもスタート。ただし、角川グループの一部作品などに限られるようだ
「Google Nexus 7」の主なスペック
メーカー ASUSTeK
ディスプレー 7型IPS液晶
画面解像度 1280×800ドット
サイズ 約198.5×120×10.45mm
重量 340g
CPU NVIDIA Tegra 3(クアッドコア)
OS Android 4.1
バッテリー容量 4325mAh

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART