このページの本文へ

ASUS、カラフルで高精細なリアカメラ付き7型タブ

2013年07月17日 16時54分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電子書籍を読むのに最適な
ASUS「MeMO Pad」がHDに!

 ASUSTeKは今日17日、7型タブレットのニューモデル「ASUS MeMO Pad HD7」を発表した。発売は19日からで、予想実売価格は1万9800円。

 一足お先にMeMO Pad HD7を触ることができたので、まずはフォトレポートをお届けしよう。詳細なレポートはのちほど掲載する。

 ぱっと見て特徴的なのは4色のカラバリ。どれも派手な色で、アクセサリー感覚で持つことができる。それぞれベリーベリー・ブルーベリー(ブルー)、ミルキー・バニラ(ホワイト)、スプラッシュ・レモン(グリーン)、ファンキー・ストロベリー(ピンク)というポップな4色が用意されている。また、重さは302kgと軽量で、長時間持っていても疲れにくい。

カラバリはブルー、ホワイト、グリーン、ピンクの4色

 7型ディスプレー(800×1280ドット)はIPS方式なので、どの角度から見ても鮮やかな映像(画像)を見ることができる。スペックを見ると、1.2GHz動作のクアッドコアCPU、メモリーは1GB、内蔵ストレージは16GB、OSは最新のAndroid 4.2が採用されている。

 Nexus 7では対応していないmicroSDカードスロットもあり、最大32GBまで。カメラはリアが500万画素、フロントが120万画素と、スマホの基準で見ると若干物足りないが、このタブレットの用途を考えると必要十分なレベルだ(リアカメラもNexus 7にはない要素)。

 そのほか、動画や写真を大型テレビにワイヤレスで転送できる「Miracast」(ミラキャスト)機能をサポートしている。

タブレットの激戦区である7型。MeMO Padは前モデルから大幅にスペックアップされた
ベゼルの面積は大きいほうだが、そのぶん持っている最中に誤タッチが発生しずらい
ASUSオリジナルのアプリがプレインストールされているNexus 7では採用が見送られたリアカメラもしっかり装備!
ボディーの背面はラウンドしているので持ちやすいが、ツルツルなのでグリップ性はイマイチ
microSDスロットの存在感。ツルっとしたボディーに突然穴が開いているので最初は驚くかもガラス面はちょっと角度がついている
ハードキーはボリュームと電源だけなので、そのほかの操作はすべてタッチパネルで行なう500万画素とはいえ、カメラの機能も一通り揃っているので不満はない
フロントカメラもあるので、自画撮りも可能だ
  ASUS MeMO Pad HD7
メーカー ASUSTeK
ディスプレー 7型液晶
画面解像度 800×1280ドット
サイズ 約196.8×120.6×10.8mm
重量 約302g
CPU MediaTek MTK8125 1.2GHz(クアッドコア)
OS Android 4.2
カメラ画素数 リア:約500万画素CMOS/イン:約120万画素
バッテリー容量 4050mAh
FeliCa ×
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水 ×
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
バッテリー駆動時間 約10時間
バッテリー充電時間 約4.5時間
カラバリ ベリーベリー・ブルーベリー(ブルー)、ミルキー・バニラ(ホワイト)、スプラッシュ・レモン(グリーン)、ファンキー・ストロベリー(ピンク)
発売時期 7月19日

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン