このページの本文へ

ASRock「Z77 Extreme11」

ASRock製マザーのハイエンドモデル「Z77 Extreme11」が登場

2012年11月17日 22時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに「Intel Z77 Express」を搭載したASRock製マザーボードのハイエンドモデル「Z77 Extreme11」の販売が始まっている。

チップセットに「Intel Z77 Express」を搭載したASRock製マザーボードのハイエンドモデル「Z77 Extreme11」

 ASRock製のZ77搭載マザーボードの最上位モデルが登場した。電源フェーズは8+4フェーズ構成で、デュアルスタックMOSFETとゴールドコーディングコンデンサー採用により高い安定性と耐久性を実現。基板上にPCI Express(3.0) x8接続のLSI製SAS2/SATA3コントローラー「SAS2308」を実装し、チップセット以外に8ポートのSAS2/SATA3ポートを搭載。最大8台のSATA3.0(6Gbps)SSD/HDDによるRAID構成をサポートする。

基板上にPCI Express(3.0) x8接続のLSI製SAS2/SATA3コントローラー「SAS2308」を実装し、チップセット以外に8ポートのSAS2/SATA3ポートを搭載。最大8台のSATA3.0(6Gbps)SSD/HDDによるRAID構成をサポートする

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×3(動作モードはx16+x0+x0もしくはx8+x0+x8もしくはx8+x8+x8)、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express x1×3、メモリースロットがDDR3-DIMM×4(DDR3-3000+(OC)/2400(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066、最大32GB)。

オンボードインターフェースとして、Intel製のデュアルギガビットイーサネット、Wi-Fi802.11a/b/g/n+Bluetooth v4.0などを搭載している

 オンボードインターフェースとして、デュアルギガビットイーサネット、Wi-Fi802.11a/b/g/n+Bluetooth v4.0、8chサウンド(Realtek/ALC898)、SAS/SATA3.0×8、SATA2.0×4、SATA3.0×2、USB 3.0×12、IEEE 1394などを装備。I/O部にはグラフィックス出力機能としてHDMIを備える。フォームファクターはE-ATX。
 価格は以下の通りだ。

価格ショップ
「Z77 Extreme11」
¥42,800パソコンショップアーク
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中