ASRock「Z77 OC Formula」

オーバークロッカーデザインのZ77マザーがASRockからデビュー!

文●増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Z77チップセットを搭載したオーバークロック向けのマザーボード「Z77 OC Formula」がASRockから発売された。

ASRockから登場したオーバークロック向けのZ77チップセット搭載マザーボード「Z77 OC Formula」

 ASRock初というオーバークロックに特化したZ77チップセット搭載マザーボードの新製品。開発には著名なオーバークロッカーの“Nich Shih氏”が参加。同氏によるチューニングが施されたOCプロファイルで、搭載したCPUに応じた13種類の設定を提供。ライトなオーバークロックから、液体窒素を用いた高度なオーバークロック、型番に「K」が付かないCPUのオーバークロックにも対応するという。
 そのほか、12+4フェーズのデジタル電源、デュアルスタックMOSFET、マルチフィルターキャップにより安定かつ効率のよい電源供給を実現。さらに空冷と水冷の組み合わせが可能な独自ヒートシンクや8層基板(4層の2オンス銅レイヤーPCB)を使用することで、オーバークロックによる発熱をしっかりと冷却する。またCPU電源コネクターに高密度電源を採用。CPUソケット端子には15マイクロメートル厚の金メッキを施すなど接続端子へこだわっているのも特徴だ。

著名なオーバークロッカーの“Nich Shih氏”が開発に参加。同氏によるチューニングが施されたOCプロファイルが提供される

ライトなオーバークロックから、液体窒素を用いた高度なオーバークロック、KなしCPUのオーバークロックにも対応する

 主なスペックは拡張スロットが、PCI Express(3.0) x16×2(動作モードはx16+x0もしくはx8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、メモリースロットがDDR3-DIMM×4(DDR3-3000+/2800/2666/2400/2133/1866/1600/1333/1066、最大32GB)。
 オンボードインターフェースとして、ギガビットイーサネット(Broadcom/BCM57781)、8chサウンド(Realtek/ALC898)、SATA2.0×4、SATA3.0×6、USB 3.0×8などを装備。I/O部にはグラフィックス出力機能としてHDMIを備える。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

空冷と水冷の組み合わせが可能な独自ヒートシンクや8層基板(4層の2オンス銅レイヤーPCB)を使用するなど細部へのこだわりも

価格は2万円中盤。こだわりの作りは、オーバークロックをしないようなユーザーにもオススメの1枚かもしれない

価格 ショップ
「Z77 OC Formula」
¥25,800 パソコンショップアーク
OVERCLOCK WORKS
ソフマップ秋葉原本店リユース総合館
ソフマップ秋葉原本館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
PC DIY SHOP FreeT

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月