このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ第14回

25年ぶりカンパニーロゴ刷新、新時代を打ち出すマイクロソフト

2012年09月28日 10時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは、カンパニーロゴを刷新した。創業37年目となる同社が、カンパニーロゴを刷新するのは25年ぶりのことだ。

マイクロソフトの新たなカンパニーロゴ

 日本マイクロソフトの樋口泰行社長は、「マイクロソフトは、今年度『Windows 8』『次期Office』『Windows Server 2012』といった製品を発表するなど、過去最大規模の新製品リリースのシーズンを迎える。これらの製品によって、新たな時代を創造することになる。そうした年において、四半世紀ぶりにロゴを変更するのは大きな意味がある。マイクロソフトにとっても、新時代を迎えることになる」と語る。

カンパニーロゴの変遷

 新たなロゴは、直線的なイメージを強く打ち出したものになっている。

 従来のWindowsのロゴのイメージを踏襲しながら、グラフィック部を正方形とし、4色のカラーを配置。さらに、右側には「Microsoft」を新たなフォントで表示する。基本的には、このグラフィックと文字で構成される。

 日本では、2012年9月5日に、東京・品川の同社本社で行なわれたWindows Server 2012の製品説明会が、公式の場で最初に新ロゴがお披露目された場になった。

Windows Server 2012には、すでに新たなカンパニーロゴが採用されている

 さらに、9月7日には、東京・芝公園のザ・プリンス パークタワー東京で、約1800人のパートナー企業関係者が参加した年次パートナー総会「マイクロソフト ジャパン パートナー コンファレンス 2012(JPC 2012)」で、新たなロゴを使用。パートナー向けにも新たなロゴを紹介してみせた。

マイクロソフト ジャパン パートナー コンファレンス 2012で新たなロゴを披露

 このロゴを初めて大規模に使用したのは、8月23日にボストンで開店した同社直営店であるMicrosoft Storeであった。今後、開店する新店舗では新たなロゴを使うほか、既存店舗でも徐々に新たなロゴに変更することになる。

 9月26日にパッケージ版の出荷が予定されているWindows Server 2012には、すでに新たなカンパニーロゴが採用されており、当然のことながら、10月26日に出荷が発売となるWindows 8にも、新たなロゴが使用されていることになる。

 ただし、製品パッケージなどに表示される場合には、「Microsoft」という文字のみで、文字の左側ある4色カラーのグラフィック部は付属しないという。

 日本においては、今後1年間をかけて新たなロゴに移行していくことになるという。

 すでに、同社ホームページではトップページをはじめとして新たなロゴへの変更が開始されている。

 だが、この移行についても、米本社と連動しているサイトに関しては、本社側のスケジュールに沿ったものになるため、すべてが一斉に変わるわけではない。

 また、品川本社の壁面に掲げられているロゴや、名刺や紙袋、封筒などについては、今後数ヵ月をかけて移行する予定であり、それに向けて、現在社内で検討が行なわれている。

現在、品川の日本マイクロソフト本社の壁面に掲げられている旧ロゴ

 そして、日本においては、日本法人が独自に作った社章も、新たなロゴに変更することになる。この変更時期も現時点では未定だ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン