このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

MacPeople編集長が振り返る新機種とWWDC

今買うべきノートは「MacBook Air」「Pro」「Retinaモデル」

2012年07月09日 11時00分更新

文● 広田稔(kawauso3)、語り●吉田博英(MacPeople編集長)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

古くなったMacはどうすべき!?
特集3「マックとの別れ方」

── 特集3は「マックとの別れ方」というタイトルですが……。内容が想像できない(笑)

吉田 要するに、古くなったMacを処分したり、サブマシンにする方法を紹介しています。リサイクルシールがあるマシンはアップルが無償で引き取ってくれるんだけど、シールをなくしても処分してもらえる方法を紹介しています。買い換えの目安となる情報もまとめていますので、特集1の「最新モデル速攻レビュー」と一緒に読むと、新しいMacが必ずほしくなるはずです。

特集3「マックとの別れ方」。新しいMacを買った後、古いMacをどのように処分したらいいのか? またサブマシンとしての活用方法などをまとめている

Mac、iOSデバイスの素材を探る
特集4「ザ・マテリアルマニア」

 特集4は「ザ・マテリアルマニア」です。これはMacやiOSデバイスに使われている金属や樹脂、ガラスなどの素材に焦点を当てて、その特性などを図解とともに詳しく紹介しています。帝人、クラレ、住友軽金属工業、新日鐵住金ステンレス、独立行政法人の物質・材料研究機構とか、日本アルミニウム協会など、普段取材することのないメーカーや団体の方とお会いして、いろいろ聞いてきました。みなさんやっぱり素材のプロなんで、非常に楽しかったですね。

特集4「ザ・マテリアルマニア」では、これまでアップル製ハードウェアに使われた素材に注目。解説とともになぜ採用されたのかという点も探っている

新連載は、女子大生/女優の池澤あやかさんが語る
Ruby(宝石じゃないよ!)

── 連載や小冊子では動きはありましたか?

吉田 今月からまたまた新連載を始めました。「池澤あやかの徒然プログラミング 『とりあえずRuby』」っていうタイトルで、慶應義塾大学の学生でもある女優・池澤あやかさんがRubyプログラミングについて語る連載です。どちらかというと、Rubyでプログラミングする素晴らしさや楽しさを伝えるという内容ですね。ソースコードをアップしているGitHubリポジトリなどの情報は、連載用Facebookページに掲載しています。

女優・池澤あやかさんによる新連載、「とりあえずRuby」。OS X用アプリを開発できる「MacRuby」、iOSアプリ開発向けには「RubyMotion」があるので、これを機会に勉強するのもいいかも!?

「iPhonePEOPLE 2012年8月号」の特集は
「iPhoneでリモートコントロール」

 特別付録小冊子「iPhonePEOPLE 2012年8月号」の特集では、iPhoneでリモートコントロールするデバイスをたくさん集めました。これはめちゃくちゃ楽しかった。カメラ付きのラジコンカーやおなじみのヘリ「AR.Drone」もすごいんですが、パナソニックが「スマートビエラ」「スマートディーガ」でiPhoneとの連携に相当力入れていて感心しました。新機種情報以外にも盛りだくさんなので、ぜひお手元に1冊ご購入ください。

「iPhonePEOPLE 2012年8月号」。特集「iPhoneでリモートコントロール」では、iOSデバイスをコントロール端末として利用するユニークな製品を徹底的に紹介

8月号の表紙インタビューは、7月14日公開の映画「ぱいかじ南海作戦」出演の女優・貫地谷しほりさん。西表島での撮影の様子、見どころなどを語ってもらった

「ユザーンの川越コンピューター学園」のゲストは、マンガ家のうすた京介さん。掲載写真、内容とも必見

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中