このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト 第20回

セパン戦直前! ミクZ4祝勝会&イカ娘生放送レポート

2012年06月06日 18時00分更新

文● 祝勝会:末岡大祐 イカ生:ぶちょー/電アスレース部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初音ミクGT祝勝会の裏で!
ニュル帰りのイカティも来た イカ生 侵略40.レポート

 松戸のグッスマカフェでは祝勝会が宴もたけなわな20時30分。南青山のLMP CARSで恒例のイカ生が、ドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レース帰りのイカティこと井口選手を迎えて始まった。

久々にドライバー2人が揃ってのイカ生。このあとセパンまで、Fポンなどはないが、イカティはカートに出場予定とのこと

 ちなみに私(ぶちょー)は最初からイカ生取材に来ていたわけではなく、松戸の祝勝会会場を取材して、ドライバーや監督に挨拶してから常磐線・千代田線でイカ生会場にはせ参じたのだ(今流行の“二股”とか言わない!)。

 今回のテーマは“セパン戦に向けて”だが、序盤はイカ生出演も久々のイカティにニュルブルクリンク24時間レースの質問が多く寄せられた。イカティが参加したGAZOO Racingの86チームは、見事SP3クラスで優勝を飾り、イカ娘フェラーリよりも先に栄光に輝いた。24時間耐久は初出場というイカティだったが、3スティント約6時間をほぼノートラブルで走り抜けて見事チームに貢献した形だ。

実はドラゴンボ●ルを見ていなくて、げんき(ん)玉の意味が分からなかった広報・mocoちゃん。ろくろを回してるようにも見える?

 この勢いで、今週末のセパン戦でも好成績を期待したい。なんと言っても昨年は3位表彰台を獲得した相性のいいサーキットだし、イカティ本人も「セパンは得意なコース」と言っている。灼熱のマレーシアでは富士500kmレースと同様に、マシンやピットクルーの信頼性が勝負の明暗を分けることになるだろう。トラックエンジニアの小藤さんも「ほかのチームのトラブルを願っちゃいけないが、今は他力本願に頼らざるを得ない状況。まずイカ娘チームが100%の力を発揮して、ほかのGT3車両に何らかのトラブルが出れば、あわよくば上位が望める」とセパンでの巻き返しを誓った。

前回の視聴者プレゼント、昨年と一昨年に実際に使ったグリッドボードに、ドライバーおふたりと小藤さんのサイン(○こ)が入れられ、当選者発表が行なわれた

個スポからチームを激励するイラストのファクスが届いた! スクリーントーンも使ってかなりうまい。ドライバーもmocoちゃんも大喜びだった

 なお、セパン戦では岡山、富士と同様にLMP CARSでパブリックビューイングが開催される(決勝日の6月10日)。詳細は公式ブログで!マレーシアまでは応援に行けない同胞たちは、南青山にぜひ集まって、モニター越しに応援しようじゃなイカ!

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ