このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

海外で初週500万本! 「バトルフィールド3」が国内進軍開始

2011年11月02日 23時09分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本よりも一足早く北米やヨーロッパなどの地域で発売され、初週の7日間で500万本という爆発的なセールスを記録したFPS「バトルフィールド 3」が、満を持して日本でもPS3とXbox 360の2つのハードで発売を迎えた。
 一般的なFPSゲームでは地上戦闘を中心としており、プレイヤーが利用できる兵器は装甲車両や戦車が良いところだが、同シリーズでは航空機や戦闘ヘリといった航空戦力から軍艦まで、ありとあらゆる兵器の類をプレイヤーが武器として利用できるのも大きな魅力一つだ。

今年注目されている2大FPSの1つ「バトルフィールド 3」が発売。価格はそれぞれ7665円
メッセサンオーでは入り口中央にコーナーを展開しており、すでにXbox 360版の一般販売分は完売になったそうだ

 ゲームモードは、シングルモードやマルチプレイといったおなじみのゲームモードに加えて、今回からプレイヤー同士がペアを組んでミッションをクリアしていく協力モードも用意されている。
 また、これまでのシリーズでは、国内流通版は日本語のみの音声再生となっていたのが、今回から英語・日本の両音声を収録するなど、より臨場感があふれる英語音声でのプレイが可能となっている。

2年振りにアンチャシリーズ第3弾が登場

 シリーズ累計800万本の世界的ヒット作“アンチャーテッド”シリーズの第3弾「アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス」が発売を迎えた。
 今作のストーリーは、幻と呼ばれる砂漠のアトランティスを見つけるために、遺跡などに隠された手がかりや秘宝を探し求めるため冒険の旅に出るというもの。
 ゲームスタイルは、これまでのシリーズと同じTPS+3Dアクションで、走る、登る、飛び越えるといった多彩なアクションが用意されている。

ハリソン・フォードがPVに参加しているという豪華っぷりの「アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス」は5980円

 基本となるストーリーモードは1人用だが、オンラインプレイでは最大3人のプレイヤーと協力してミッションをクリアする協力プレイと、最大10人が2チームに分かれて対戦する対戦プレイの2種類が用意されている。
 同作品の魅力といえば、まるでアクション映画の世界に迷い込んだ気分になれるリアルな描写だが、英語版ではウィル・スミスが、日本語版では東地宏樹さんが主人公のネイサン・ドレイクを演じるなど、豪華な声優陣も魅力のひとつだ。

アンチャ3を推していたのはソフマップ本館だ。ご覧のように立派なコーナーを展開していた

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ