このページの本文へ

カメラの総合イベント「CP+ 2011」レポート第2回

CP+で人だかりを作ったデジカメたちはコレだ!

2011年02月09日 20時13分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
会場のイメージ

 今回の「CP+ 2011」は未発表モノの展示が少ない。なぜなら、本イベントの開催に合わせてデジカメメーカーが製品をリリースしているからだ。

 逆に言えば、発表されたばかりの製品を一足先に実際に触れられることが、今回のイベントの最大の醍醐味だろう。ここでは、メーカー各社のブースで多くの人が実際に触って体験していた人気製品を見ていこう。

X100に大行列! 高級コンデジに注目が集まる

富士フイルムの「FinePix X100」 富士フイルムの「FinePix X100」
富士フイルムのブースは「FinePix X100」(左)に大勢の人が並んでおり、「1人10分程度」と立て札が立っていた(右)

 富士フイルムのブースでは、高級コンパクトデジカメ「FinePix X100」(関連記事)が大人気で、初日からかなりの行列ができていた。今日は「1人10分程度」という時間制限が設けられていた。

FinePix HS20 EXR FinePix F550 EXR
新型センサー搭載の「FinePix HS20 EXR」(左)と「FinePix F550 EXR」(右)
GF670W 3Dカメラの体験コーナー
そのほか、中判フィルムカメラ「GF670W」の展示や3Dカメラの体験コーナーも設置されていた

 また、X100と同時発表された、新型の「EXR CMOS」センサー搭載機も実際に撮影できるようになっており、注目されていた。

オープンな雰囲気で触れるオリンパスブース テーブルにデジカメが並べられ、オープンな雰囲気で触れるオリンパスブース
「i.ZUIKO DIGITAL」レンズを搭載したコンデジ「XZ-1」 防水デジカメ「TG-310」
「i.ZUIKO DIGITAL」レンズを搭載したコンデジ「XZ-1」「TG-310」などの防水デジカメも人気だった

 オリンパスブースで人だかりを作っていたのは、「i.ZUIKO DIGITAL」レンズを搭載したコンパクトデジカメ「XZ-1」だ(関連記事)。「ZUIKO」レンズを初めて搭載したコンパクトデジカメ、ということで体験してみたい人が多かったようだ。

ちょっとユニークなデジカメも人気

カシオブースのメインステージ EX-TR100
カシオブースのメインステージ(右)は、「EX-TR100」(左)の形になっている(変形もする)
HDRアートの撮影サンプル HDRアート撮影を体験できるコーナー
ブース内にはHDRアートの撮影サンプルが展示されており、そこはまるで美術館実際にHDRアート撮影を体験できるコーナーは、多くの人で賑わっていた

 カシオ計算機のブースでは、ユニークな形状の「EX-TR100」(関連記事)を大々的にアピール。また、写真を絵画風に仕上げる「HDRアート」もアピールしており、HDR搭載機種の前には人だかりができていた。

「DMC-FX77」など1月発表の新機種 3D撮影の体験コーナー
パナソニックブースでは、「ビューティレタッチ」機能搭載の「DMC-FX77」など、1月発表の新機種に触れられる3D撮影の体験コーナーもある

 パナソニックブースで人気だったのは、1月に発表された「LUMIX」の新機種だ(関連記事)。撮影した顔の写真にメイクアップ処理を施せる「ビューティレタッチ」(MC-FX77)など、多彩な機能を実際に試せる。

「K-r」のカラーバリエーション 「K-r」のカラーバリエーション展示が目を引くペンタックスブース
Optio WG-1 Optio WG-1
防水デジカメ「Optio WG-1」(左)。パンフレットの上に置いてズームしてみた(右)

 ペンタックスブースでは、電子顕微鏡のように使えるデジカメ「Optio WG-1」(関連記事)に人だかりができていたほか、デジタル一眼レフ「K-r」のカラバリ展示の前で足を止める来場者も多かった。

日本ビクターのブース “ハイブリッドカメラ”「GC-PX1」
高速画像処理回路「FALCONBRID」を大アピールする日本ビクターのブース“ハイブリッドカメラ”「GC-PX1」で、ステージ上の激しく動く人を撮影してみる、というコーナー
従来のフルハイビジョンとGC-PX1の60pの画質比較 FALCONBRID搭載のビデオカメラなど
従来のフルハイビジョン60i(24Mbps)と、GC-PX1で撮影可能な60p(36Mbps)の画質比較FALCONBRID搭載のビデオカメラなども展示されていた

 日本ビクターのブースでは、最新の高速画像処理回路「FALCONBRID」がメイン(関連記事)。デジタルカメラやビデオカメラなどのFALCONBRID搭載機種の性能を体感できるデモンストレーションを行なっていた。

やはり興味を引く王道のデジカメ

EOS Kiss X5 EOS Kiss X50
キヤノンブースでは「EOS Kiss X5」(左)と「EOS Kiss X50」(右)に注目が集まっていた
「IXY」や「PowerShot」 「IXY」や「PowerShot」
7日に発表されたばかりの「IXY」や「PowerShot」にも触れられる

 キヤノンブースでは、デジタル一眼レフの「EOS Kiss X5」「EOS Kiss X50」(関連記事)が人気を博していた。また、同時発表された「IXY」「PowerShot」(関連記事)などの最新コンパクトデジカメも展示している。

「3Dハンディカム」 「3Dハンディカム」など、3D関連の展示も目立ったソニーブース
「DSC-HX9V」 「α55/33」で連写
強力な手ブレ補正機能で動画に強い「DSC-HX9V」猛スピードで走る自転車を「α55/33」で連写してみよう! のコーナーに人が集まっていた

 ソニーブースでは、新しい撮像素子を採用した「サイバーショット」(関連記事1関連記事2)が人気。また、新機種ではないが、「α55/33」の体験コーナーにも人が大勢詰めかけていた。

「GR DIGITAL」の歴代モデルの展示 「GR DIGITAL」の歴代モデルの展示も行なわれていたリコーのブース
「CX5」 「GXR」
AF合焦速度がアップした「CX5」「GXR」は現在発売されているすべてのレンズユニットを試すことができる

 リコーのブースでは、1月発表のコンパクトデジカメ「CX5」(関連記事)と、ユニット交換式デジカメ「GXR」の両方に人だかりができており、どちらも人気だった

ニコンのブース エプソン
ニコンのブースでは、本日発表のコンパクトデジカメ新製品に多くの人が集まったエプソンは、A3対応インクジェットプリンター「PX-5V」を大々的にアピール。実際に出力してみせるなどのデモンストレーションを行なっていた
アイファイジャパンのブース アイファイジャパンのブースでは、今年追加される新機能「Direct Mode」をデモンストレーション。撮影画像をデジカメからスマートフォンにダイレクト転送するモードだ

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン