このページの本文へ

ハンディカム並!? 動画に強い「サイバーショット」登場

2011年02月07日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「DSC-HX9V」はゴールドとブラックの2色展開となる

 ソニーから、デジタルカメラ「サイバーショット」の新モデルとして、強力な動画撮影機能を搭載する「DSC-HX9V」(予想実売価格4万5000円前後)と、高倍率ズーム機「DSC-HX100V」(同5万円前後)が発表された。発売日はHX9Vが3月11日、HX100Vが4月8日となる。

 どちらも1月に発表された「DSC-WX10」(関連記事)などと同様に、1620万画素の新しい裏面照射型CMOSセンサーを搭載する。

ビデオカメラ並みの手ブレ補正機能を搭載

 HX9Vは光学16倍のズームレンズはリニアモーターを採用。さらにWX10と同様、奥行き情報を基に無駄なレンズの動きを排する仕組みを採用することで、AF合焦速度が約0.1秒と高速になっている。

 さらに、手ブレ補正機構が上下、左右のほか回転の動きにも対応。手持ちで歩きながら動画を撮る場合など、かなりのブレを軽減できる。

 動画はフルHD対応で、さらに60p(ビットレートは28Mbps)での撮影も可能。前後のフレームと比較してノイズを除去する機能も搭載しており、特に暗所撮影などでノイズの少ないクリアな映像を撮影できる。

 よく変更する設定(メニュー)を登録できる「カスタム」ボタンを1つ搭載するほか、好みの撮影設定(画像サイズや露出補正、ISO感度など)をモードダイヤルを合わせるだけで呼び出せる「MR」モードを搭載する。

上面中央の電源ボタンの右にあるのが「カスタム」ボタン

上面中央の電源ボタンの右にあるのが「カスタム」ボタン

背面には十字キー兼ダイヤルを搭載。マニュアル撮影モードではホワイトバランスなどの調整が行なえる

背面には十字キー兼ダイヤルを搭載。マニュアル撮影モードではホワイトバランスなどの調整が行なえる

 WX10などで搭載された新しい「プレミアムおまかせオート」(赤ちゃん、スポットライト、暗所のシーン認識を追加)や動画撮影時のシーン認識、1シャッターでの3D(静止画)撮影機能なども搭載。背面モニターは3型(約92万画素)で、GPSも内蔵する。

 本体サイズは幅104.8×奥行き33.9×高さ59mm、重さは約245g。

動画に強い光学30倍レンズ機も登場

「DSC-HX100V」。背面には電子ビューファインダーとバリアングル液晶モニターを搭載

 HX100Vは光学30倍の「Carl Zeiss Vario-Sonnar T*」ズームレンズを搭載。こちらもリニアモーター採用などで、約0.1秒のAF合焦を実現している。回転ブレを加えた3軸の手ブレ補正にも対応する。

 本機はND(減光)フィルター機能を搭載することで、シャッタースピードの調整と組み合わせて動きのある被写体に対してモーションブラーのような効果をかけることもできる。

 また、レンズ周囲のリングでフォーカスをマニュアルで調整したり、電子ビューファインダーを搭載するなど、よりこだわった撮影が可能となっている。

 動画撮影に関してはHX9Vと同様、1080/60pの撮影や暗所補正などの機能を搭載。「プレミアムおまかせオート」や動画撮影時のシーン認識、1シャッターでの3D(静止画)撮影機能なども搭載する。背面モニターは3型(約92万画素)のチルト式のバリアングル液晶となっている。

 本体サイズは幅119×奥行き93×高さ88.9mm、重さは約574.3g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン