このページの本文へ

画素加算で夜景もきれいな防水防塵デジカメ「RICOH PX」

2011年06月09日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RICOH PX」のメインカラーは「ライムグリーン」。そのほか「シャンパンシルバー」と「ブラック」の3色展開となる

「RICOH PX」のメインカラーは「ライムグリーン」。そのほか「シャンパンシルバー」と「ブラック」の3色展開となる

 リコーから、防水・防塵性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「RICOH PX」シリーズが発表された。6月下旬発売予定で、予想実売価格は3万円前後。

 新シリーズとなるPXは、水深3mで60分耐えられる防水性能と、1.5mからの落下に耐えうる耐衝撃性能、防塵性能を備えているのが特徴。光学5倍ズームレンズを搭載するがレンズは繰り出さず、また背面液晶モニター(2.7型23万ドット)は傷がつきにくいコーティングが施されたアクリル板で保護されているなど、防水・耐衝撃・防塵仕様となっている。

これまでのリコーのデジカメでは見られなかった丸味を帯びた外観が特徴

これまでのリコーのデジカメでは見られなかった丸味を帯びた外観が特徴

幅100×奥行き21.3×高さ55mmというコンパクトサイズも特徴。撮影時重量は約156g

幅100×奥行き21.3×高さ55mmというコンパクトサイズも特徴。撮影時重量は約156g

背面右上にはストロボのスイッチ(OFF/オート/強制発光)があり、その下には動画の録画ボタンがある。十字キーの上を押すと「プレミアムショットモード」となる

背面右上にはストロボのスイッチ(OFF/オート/強制発光)があり、その下には動画の録画ボタンがある。十字キーの上を押すと「プレミアムショットモード」となる

上面右端にズームレバーを搭載。その横にシャッターボタンと電源ボタンが配置されている。左側にはモノラルマイクが内蔵されている。底面のフタには電池室とSDメモリーカードスロット、USBとHDMIの端子がある

上面右端にズームレバーを搭載。その横にシャッターボタンと電源ボタンが配置されている。左側にはモノラルマイクが内蔵されている。底面のフタには電池室とSDメモリーカードスロット、USBとHDMIの端子がある

 PXでは新たに「プレミアムショットモード」と呼ばれる23種類(+カスタマイズ登録5種類)の撮影モードを搭載。「ビーチ」や「スノー」といった防水デジカメ特有のモードのほか、写真の周囲をぼかす「スイーツ」、複数の画像を組み合わせてレイアウトできる「オークション」といったモードが新たに搭載されている。

 中でも「手持ち夜景モード」は独特で、撮像素子の4画素を1画素に見立てて記録する(画素加算技術)ことで、1画素あたりの受光量を高めて高感度ノイズを低減する。なお、撮像素子は有効1600万画素(最大4608×3456ドット)の1/2.3型CCDセンサーを採用するが、この手持ち夜景モードで撮影した画像は、4分の1となる400万画素相当の解像度(2304×1728ドット)となる。

 レンズの焦点距離は28~140mmだが、超解像技術で10倍(280mm相当)までのズームが行なえる「SRズーム」を搭載。さらにデジタルズームを併用することで、48倍(1344mm)までの望遠撮影が行なえる。

 ISO感度は100~3200まで設定可能。センサーシフト方式の手ブレ補正機能を搭載し、最大1280×720ドットの動画撮影も行なえる。

 CX5などと同じリチャージャブルバッテリー「DB-100」を採用し、連続300枚の撮影が可能。なお、充電はカメラ本体で行なえ、カメラにUSBケーブルを接続してPCなどから充電する。本体サイズは、幅100×奥行き21.3×高さ55mm、撮影時重量は約156gとなる。

オプションとして5色のプロテクションジャケット(2625円)を用意

オプションとして5色のプロテクションジャケット(各2625円)を用意

装着イメージ

プロテクションジャケットの装着イメージ

ネックストラップも5色を用意(各2625円)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン