このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた 第55回

サブディスプレーを有効活用した2台のケータイ

2011年02月21日 14時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サブディスプレーに多くの機能を搭載したケータイが、ドコモの冬モデルにも2台用意されている。画面自体はそれほど大きいわけではないが、どのくらい便利に使えるのか。チェックしてみた。

異なる種類のサブディスプレイを搭載した
ドコモ「SH-02C」「F-03C」

 今回用意したのはドコモ「SH-02C」と同じくドコモの「F-03C」である。どんな機種か軽く紹介しておくと、まずSH-02Cはサブディスプレーに1.4型の有機ELを採用。それ以外の機能では、防水防塵、9.6メガのCCDカメラとHD動画撮影あたりが目をひく。一方のF-03Cはサブディスプレーに2.0型TFT液晶を採用。タッチセンサーで操作する。ほかには、12.2メガカメラ、フルHD動画の撮影に対応。ワンプッシュオープン機構も採用している。

ドコモ「SH-02C」

ドコモ「F-03C」

 両機種ともスタンダードな折りたたみ型ケータイで、まさにイマドキのハイスペックケータイ。サブディスプレーは他機種よりも大きいものの、極端に目立つほどではない。

  サイズ/種類 解像度 最大同時発色数
ドコモ「SH-02C」 1.4型有機EL 64×128ドット 6万5536色
ドコモ「F-03C」 2型TFT液晶 240×320ドット 26万2144色

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン