このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた第31回

フルHDムービーをケータイ単体で編集できるのか?

2010年08月23日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 4の登場時に話題になった新機能のひとつがHDムービー(1280×720ドット)の撮影である。しかもただ撮れるだけではなく、有償アプリのiPhone版「iMovie」を購入することで、PCでなくとも手軽に編集ができる点も魅力的だ。ではケータイは? となると、今年の夏モデルにおいてiPhone 4よりさらに高解像度となる、フルHDムービー(1920×1080ドット)撮影に対応した端末が用意されている。ではケータイ単体でどこまで映像編集が可能なのか今回検証してみた。

映像を売りにした代表的な端末を
各キャリアから3機種用意

 今回用意したのは3機種。ドコモ「F-06B」は、フルHDムービーに世界で初対応したというケータイだ。ドコモの夏モデルでは「SH-07B」も同じくフルHD解像度の撮影に対応している。auはハイスペックな「S003」を用意したが、残念ながら動画撮影はVGAサイズまで。昨年「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」を発売し、HDムービーケータイで一歩先を行ったと思ったのだが、夏モデルに動画撮影をウリにした機種は特にない。ソフトバンクからはシャープ製の「945SH」。これはフルHDではないが、HDサイズの動画撮影に対応している。HDMIケーブルを使ってテレビと接続すれば、大画面で動画を見るのが簡単なのもメリットとなる。動画関連のスペックを比較すると以下のとおりだ。

  ドコモ「F-06B」 au「S003」 ソフトバンク「945SH」
動画の最大サイズ フルHD
(1920×1080)
VGA
(640×480ドット)
HD
(1280×720ドット)
音声 モノラル モノラル ステレオ
最大サイズ時のデジタルズーム 4倍 3倍 3.4倍
最大サイズ時の連続撮影時間 約30分 約90分 約30分
外部機器への接続 microSD TV出力ケーブル/microSD HDMI/microSD
主な独自機能 なめらかスローモーション動画(QVGA時) 顔キメビデオ 2つのマイク&マイクモード

 HD画質の動画は動画サイズが大きいため、本体メモリへの保存は考えにくいので(せいぜい4秒や9秒といった録画時間になる)、microSDカードは必須だろう。今回テストした範囲では、F-06BのフルHDムービーを撮影した場合、2GBの空き容量で約30分弱の録画時間という表示だった。メモリカードも安くなっているので、なるべく容量の大きいmicroSDHCを装着しておくと安心だ。ちなみに動画は当然ながら録音もするので、ステレオに対応した945SHは有利。それでは早速編集に挑戦してみよう。

ドコモ「F-06B」au「S003」
ソフトバンク「945SH」

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン