このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

“アトリエ”シリーズ最新作も順調な滑り出し

2010年06月25日 23時59分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 全国的にコンシューマーゲームは「ラブプラス+」の話題で持ちきりとなっている中で、独特の世界観と岸田メル氏がキャラクターデザインを担当する名作RPG「トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~」が発売を迎えた。
 前作「ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~」は、発売日に初回限定版が秋葉原で爆発的な売れ行きを見せ、売り切れ店舗も多数出たこともあり、ショップスタッフから「本作も期待しています」や「「ラブプラス+」に話題は完全に持って行かれてしまっていますが、事前予約の入りも良く、かなりよい数字を期待できるのではないかと思います」と話していた。
 またソフマップ本館では、大々的なコーナーを作っており、発売日には特大タペストリーなどの非売品アイテムが当たる抽選会「トトリちゃんを愛でる会!!」が行なわれていた。

「ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~」の通常版は7140円、プレミアムボックスは1万290円となっている
特典テレカはソフマップとメッセサンオーで確認
ソフマップ本館では非売品の特大タペストリーや等身大POPが当たる抽選会を実施していた

続編発売を控えベスト版が登場!

 7月29日に第2作「初音ミク -Project DIVA-2」の発売が予定されているなかで、第1作目となる「初音ミク -Project DIVA-」のロープライス版が発売となった。ロープライス版には、ソフト単体のお買い得版(3300円)と、ねんどろいどぷち 初音ミク プロジェクトディーバ 特典Ver復刻版が同梱されている「初音ミク プロジェクトDIVA でっかいお買い得版」(3900円)の2種類が用意されている。
 ソフマップアミューズメント館の8階では「初音ミク -Project DIVA-2」の体験会も開催されており、同作品を購入したユーザーなどがスタッフから操作方法の説明を受けつつ、新作の体験プレイを楽しでいた。

2作目の発売が近いという良いタイミングでロープライス版「初音ミク -Project DIVA-」がリリース
ソフマップAM館の8Fでは、「初音ミク -Project DIVA-2」の体験会を実施していた

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ