このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あの紋章の謎がリニューアルしてDSで登場!

2010年07月15日 22時20分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1994年にSFC用タイトルとして発売された「ファイアーエムブレム 紋章の謎」のリニューアル版「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~」が発売された。FC用で90年に発売された「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」の続編タイトルで、今回発売されたDS版には「ファイアーエムブレム 紋章の謎」に収録されている第2部を抜き出したもの。 SFC版では、第1部として前作のダイジェスト版が収録されていたが、本タイトルには、第1部は収録されていないので注意して欲しい。
 同タイトルといえば、CMソングの歌詞に“手強いシミュレーション”とあるように仲間が死んでしまうと復活できないシビアなシステムが採用されていたが、リニューアル版では仲間を失ううことなくゲームを進められる“カジュアルモード”というシステムが新たに追加されている。
 ショップでの動きは、好調な様子で、各ショップともにこの日発売されたタイトルの中では、最も安定した動きを見せていたようだ。

「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~」の価格は4800円。メッセサンオーでは、パッケージイラストを使ったテレカが用意されていた

カプコンの完全新作RPG
「ラストランカー」がリリース

 「世界樹の迷宮」を手がけた新納一哉氏がディレクターを務め、「ファイナルファンタジーVII」のシナリオを手掛けた野島一成氏がシナリオを担当した完全新作RPG「ラストランカー」が発売を迎えた。完成披露会の記事で内容について触れているので、簡単に説明すると戦士として戦いに身を捧げる2人の男が、運命に翻弄されながら剣を交える本格RPG作品となっている。
 現在、公式ウェブサイトでは、野島氏書き下ろしシナリオの音声ドラマが配信中なので、気になる人はチェックしてみよう。

豪華制作スタッフに人気声優を起用した「ラストランカー」の価格は5990円となっている

最大4人で遊べる“対戦モード”などを搭載
「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー」

 Wii用「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー」が店頭に並んだ。アーケード用カードゲームとして人気の第3弾「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードIIレジェンド」からの移植タイトルとなっている。
 ゲームはソロプレイに加えて、友達や家族など最大4人で遊べる“対戦モード”やネット通信を通じて全国のプレイヤーたちとバトルも楽しめる。
 このほか、アーケード版にはない“対戦モード”といったゲームモードも搭載している。
 また、同タイトルのアーケード用のカードを集めている人は、DSiウェア「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー 専用カラーコードスキャナー(仮)」を使ってカラーコードをスキャニングすることで、手持ちにカードのデータを同タイトルのゲームデータに転送することもできる。

「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー」の価格は6090円

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ