このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第51回

個人/法人どちらのニーズにも合うノート Vostro 3300

2010年04月23日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルの中小企業(SMB)向けノートパソコン「Vostro」シリーズに、新しい「Vostro 3000」シリーズ4モデルが、3月に登場した。その中でも、一番小さくモバイルユースにも適した、13.3型ワイド液晶ディスプレーを搭載する「Vostro 3300」をレビューしてみたい。

Vostro 3300 Vostro 3300。ボディーカラーは「ブリスベン・ブロンズ」

アルミボディーの洗練された
デザインとカラバリが○

 ビジネスノートであるにもかかわらず、Vostro 3300は見た目がいい。試用したのはボディーカラーが「ブリスベン・ブロンズ」のモデルで、つや消しの落ち着いた雰囲気を醸し出している。天板やサイドも同じカラーになっており、フロントとバックはブラック。塗装の品質は上々で、指紋などの汚れがつきにくい。

ブリスベン・ブロンズカラーは、シックながらオシャレな印象 ブリスベン・ブロンズカラーは、シックながらオシャレな印象

 全体はフラットなデザインになっており、バッグの出し入れが楽だ。ただ、最薄部が20.1mmとスリムなのに重さは約1.94kgもあるので、ずっしりとした手応えだ。アルミ部分以外の樹脂製パーツもしっかりした作りで、チープ感はない。裁ち落としのようになっている平らな面がフロント側だが、筆者は何度か間違えてヒンジ側から開けようとしてしまった。無論、これはすぐに慣れるだろう。

 カラーバリエーションとして、試用機のほかにアバディーン・シルバーとルーサン・レッドが用意されているのも珍しい。シルバーはいかにもビジネスマシン風だがレッドは鮮やか。やや派手なので、男性がビジネスで使うなら、TPOを選びそうだ。


ちょうどよいWXGA解像度で見やすい
LED液晶ディスプレーを搭載

 搭載する液晶ディスプレーは13.3型ワイドで、解像度は1366×768ドットと標準的。パネル表面は非光沢タイプ(ノングレア)で、映り込みを抑えている。またLEDバックライトを採用しており、バックライトの明るさは16段階で調整可能。10段階目でも十分な明るさとなっている。

 色の表現については緑が弱く、やや不自然な感じ。ノングレア処理のため、少し眠い印象も受ける。とはいえ、ビジネスユースなら問題なく、むしろ光沢のないぶん長時間の作業も負担にならないだろう。液晶ディスプレーの上部には、200万画素のウェブカメラを内蔵している。


独自配列ながら静かで入力しやすいキーボード

入力しやすいキーボードとタッチパッド

 キーボードは6段配列で、キーピッチは約19mm、キーストロークは約2mmを確保し、適度なクリック感がある。タイプ音は静かなので、オフィスユースに最適だ。ファンクションキーが大きいのも使いやすい。ただ、中央部分をタイプすると全体がややへこむのが気になる。

 キーボードの配列は、Enterキーの右側に1列分キーがあるタイプになっている。Enterキーが端にあるキーボードしか使ったことがないと違和感を感じて、最初はタイプミスをしやすい。しかし、1時間も使っていると慣れてくる。InsertとBackSpace、Enterキーの右側が幅5mmほどへこんでおり、ミスタイプを抑えられるようになっているのだ。へこみがあるからといって、タイプスピードが落ちることはない。逆に、FnキーなしでHomeキーなどを入力できるので、かえって使いやすいこともある。カーソルキーは1段落ちておらず、やや残念。

 キーボード右上の電源ボタンは押しやすく、メタリックな見た目がいい。音楽再生・停止や音量調節のLED内蔵タッチセンサーも備えており、LEDの光がホワイトなのも、ビジネスマシンっぽさを損なわず好印象だ。なお、オプションでバックライトキーボードも用意されており、飛行機や列車などの暗い場所で作業する人はチェックしておきたい。

 タッチパッドのサイズは横83×縦45mmで、ボタンの奥行きは12mm。タッチパッド部分はややへこんでいるので、手のひらが触れてポインターが飛ぶようなことはなかった。手触りがよく操作感は良好。ジェスチャー操作にも対応している。パームレスト右側には指紋認証リーダーを備えており、HDDを暗号化するなどセキュリティーの強化に役立つ。



デル株式会社

デル株式会社

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー