このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

MSやセールスフォース、グーグル、NTTまで一同に会す

SaaSの今が、これで分かった!SaaS World 2009

2009年12月09日 09時00分更新

文● 吉川大郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

12月8日〜9日の間、赤坂にて「SaaS World Tokyo 2009」が開催されている。今やSaaSと言うよりもクラウドと言ったほうが通りがいいが、いずれにせよ今年の会場は大盛況。セールスフォース、Google、マイクロソフトなどのおなじみ企業のほか、NTTグループやオウケイウェイヴといった日本勢がかなり頑張っていたのが印象的だ。

 まずは日本勢から見ていこう。先日settenベースのサービスを発表したNTTコミュニケーションズや、BizCloudで従来のサービスをクラウド型で展開するNTTデータなど、国内企業のクラウド対応が目立つ会場だった。

日本発のクラウド始まります
NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズ

 “日本発クラウド始まります”と銘打ったのはNTTコミュニケーションズ。複数のサービスを展示していたが、たとえば「Bizホスティングベーシック」は、1ユーザー月額7000円程度で、仮想マシンを提供する。仮想サーバーのホスティングと言えるもので、仮想化ソフトはKVMを使用。サービスのキモは、“setten”技術の1つであるVPN接続により、顧客拠点とNTTコミュニケーションズのデータセンターをつなげること。回線を所有する通信事業者の強みを活かし、企業が安心して使えるセキュアな接続を確保している。

動き始めた
NTTデータのBizCloud

 先日記事でお伝えしたNTTデータの「BizCloud」(関連記事)。NTTデータだけに、エンタープライズにおけるカスタマイズを伴ったプライベートクラウドという位置づけだ。展示では、BizCloudそのものの説明のほか、BizCloudで動作するCRMやERPが紹介されていた。

 BizCloudの利用シーンは多岐にわたるが、システム自体を、SaaSベンダーに納入するようなケースも想定されている。

CRM ERP
BizCloudの提供するCRM。ユーザー側が柔軟にカスタマイズできる環境を整えることで、柔軟な運用を目指す(左)。右写真はBizCloudのERP画面

最大ブースで体験者を増やす
セールスフォース・ドットコム

場内イベントやハンズオンセミナーが開催されたセールスフォース・ドットコム。会場では、Chatterの文字も見かけた

 SaaSの王者セールスフォース・ドットコムは、SaaS World中もっとも大きなブースを構え、場内イベントを開催。先日発表された「Salesforce Chatter」(関連記事)も、同社の新しいサービスとしてハンズオン会場で紹介されていた。

USBデバイスで、簡単に安全接続

 日本セーフネットの「eToken Pro Anywhere」は、USBデバイスを使ったPKIソリューション(関連記事)。手持ちのパソコンに挿しトークンのパスワードを入力すれば、SaaSへの認証が完了し、セキュアな接続が可能となる。 SaaS利用の大きな課題であるユーザー認証のセキュリティを補う。

次ページに続く

前へ 1 2 次へ

ピックアップ