このページの本文へ

Dreamforce'09基調講演レポート

セールスフォースが放つ4つめのクラウド「Chatter」とは?

2009年11月19日 09時00分更新

文● 金子拓郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

11月18日(米国時間)、米セールスフォース・ドットコムは、サンフランシスコにて開催中のカンファレンス「Dreamforce'09」にて、「Salesforce Chatter(チャッター)」を発表した。

 セールスフォースは「SalesCloud 2」、「ServiceCloud 2」、「CustomCloud 2」という3種類のサービスを提供しており、「Salesforce Chatter」は4つめのクラウドサービスとなる。

ドリームフォース2009の基調講演にて、Salesforce Chattersを紹介する米セールスフォース・ドットコムCEOのマーク・ベニオフ(Marc Benioff)氏

 Salesforce Chatterは、米国を中心に大きなブームとなっているTwitterに企業向けの機能を追加したようなアプリケーション。ユーザー同士の会話だけでなく、セールスフォース上のカスタムアプリケーション、SAPやオラクルといった外部のアプリケーションなどのメッセージを取り込んで会話画面に表示する機能を持つ。

「Twitter」のセールフォース版といえる「Chatter」。ServiceCloud 2といった他のクラウドサービスと異なり、名称に「2」は付かなかった

 ベニオフCEOは基調講演にて、「友人が映画に行けば、TwitterやFacebookによってすぐわかる。しかし、自社のVP(Vice President)が誰を訪問したのかは、調べないとわからない」と、TwitterやFacebookのようなソーシャルアプリケーションの普及によりプライベートの友人の状況はすぐい把握できるのに対し、ビジネスの状況に関する情報収集の仕組みが遅れていることを指摘。この問題を解決する手段として、エンタープライズ向けのツイッターとしてChatterを開発したのだという。

 Salesforce Chatterの提供開始は2010年初めの予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ