このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

日本の小さなソフトハウスが世界を目指して

マイクロソフトとサイボウズ、資本提携は「ノー」

2009年09月29日 09時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サイボウズ青野さん
サイボウズ 代表取締役社長 青野慶久氏

 「10年に1回、あるかないかの大きなチャンスだと思います。日本の小さなソフトハウスが世界を目指していきますので、よろしくお願いします」
 「サイボウズ Office」などで知られるWebグループウェアの先駆者、サイボウズの青野慶久社長は言い切った。

 サイボウズとマイクロソフトが、グループウェア製品の開発/提供において業務提携する。まずは「Microsoft Office SharePoint Server」を開発プラットフォームとした新しいグループウェア製品を開発。新製品は、サイボウズの「サイボウズ Office」や「サイボウズ ガルーン」で培ったノウハウを用い、マイクロソフトの技術支援の元で開発するという。SharePoint Serverは、Microsoft Officeの文書を、共有/管理できるサーバー製品だ。

 新製品については、現在は仕様も含めて決まっておらず、これから顧客へのヒアリングなどをしながら開発を進めていくという。両社は今後、本提携により開発する新製品のマーケティングおよび販売活動も行なっていく。本日から開始される具体的な活動は、以下の通りだ。

  • 今後決定される具体的な業務提携内容に先行して情報を届けるサービスを開始
  • 今回の業務提携に興味を持った顧客への、ニーズのヒアリング
  • サイボウズ社内にプロジェクトチームを発足させる
  • マイクロソフトの大手町テクノロジーセンターで成果物を展示する
協業の概要
協業の概要

前へ 1 2 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ