このページの本文へ

週刊 PC&周辺機器レビュー 第22回

ポケットに入る50型プロジェクター MPro120

2009年09月11日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最大投影サイズは50型、入力は最大1280×800ドット

本体上部

本体上部。十字配置の操作ボタンと、その中央に丸い電源ボタンがある。ボタン右のLEDはパワーランプ

 プロジェクターであるため、表示サイズは投影距離に応じて変化する。カタログ値では、レンズ面から163mmで8型、同1024mmで最大の50型となる。ピント調節は手動で、レンズ横にあるピントリングを指先で回して調整する。なお、ピント調節には若干のマージンもあるため、投影環境が十分に暗ければ50型以上の投影も可能だ(ただし映像も暗くなる)。明るさは本体操作部のボタンを押すことで2段階に調整でき、標準側で12ルーメン(バッテリー駆動時間約2時間)、少し暗い省電力側で10ルーメン(同約4時間)となる。

実際にプレゼンテーションスライドを投影してみた

実際にプレゼンテーションスライドを投影してみた。投影先のスクリーンは、同じ3Mの携帯型スクリーン「モバイルファイルスクリーン MFS-20」

本体上部の十字ボタンで、標準/省電力モードの切り替え、バッテリー残量表示、内蔵スピーカーの音量調節ができる

付属のフレキシブルタイプ小型三脚を装着

底面の三脚穴に、付属のフレキシブルタイプ小型三脚を装着できる(市販の小型三脚も可)

 パソコンや映像機器との接続は、付属ケーブルを本体側のポート(ミニHDMIコネクタ形状)を使って接続する。対応する映像信号は、アナログRGBとNTSC/PAL形式のビデオ(RCAピン)信号。入力解像度は640×480、800×600、1024×768ドットと、1280×768、1280×800ドットに対応する。入力信号の種別や解像度を自動認識し、解像度が800×600ドット以上でも、MPro120側で自動的にダウンコンバートして表示する。

 MPro120の表示解像度は640×480ドットだが、画素が目立つこともなく、後述するLCOSの特性によってか、非常に滑らかな表示となっていた。パソコンではあり触れた1024×768ドットをサポートしているため、パソコン側の設定を特にいじらなくても、つなぐだけで投影できるのが便利である。

 この小さな本体に、ステレオスピーカーも内蔵している。付属ケーブルを使って音声信号を入力できるのだが、内蔵スピーカーの再生音質はお世辞にもよいとはいえない。プレゼンテーションなどでスピーカーが必要で、持ち運びに余裕があるなら、バッテリ駆動する小型スピーカーなども携帯したほうがよいだろう。

付属品一式

付属品一式。パソコン用のケーブル、ビデオ用のケーブルとRCAピンコネクタの変換アダプタ、収納ソフトケースと各国対応のACアダプター、小型三脚などが付属する

1024×768ドットを入力した表示の拡大写真

1024×768ドットを入力した表示の拡大写真。640×480ドットへのダウンスケーリング処理によって、小さな文字は若干潰れているが、画素は目立たず滑らかな表示

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン