このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第22回

ポケットに入る50型プロジェクター MPro120

2009年09月11日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今なぜモバイルプロジェクター?

 プロジェクター内蔵デジカメが発売されるなど、小型のプロジェクター市場に動きがある。理由のひとつは、「LCOS」(Liquid Crystal On Silicon)という新しいデバイスの登場と、高輝度LEDの組み合わせが小型化に向いていたという技術的側面がある。もうひとつは、画面を投影することで多人数で見られるというニーズが見直されているからだろう。

 今回は、パソコンのアナログRGB出力やビデオ出力(コンポジット)の表示が可能な住友スリーエム(株)のモバイルプロジェクター「ポケットプロジェクター MPro120」を紹介する。


必要な機能を絞り込んだ携帯特化型デバイス

ポケットプロジェクター MPro120 「ポケットプロジェクター MPro120」。本体底面には、三脚取り付け穴と折りたたみ式の簡易スタンドがある

 「ポケットに入る」というのは無理やり押し込むことではない。すっぽりと入って簡単に取り出せてこそ、主張できる指標だろう。「手の平に乗る」というのも同様だ。MPro120は携帯電話を少し厚めにしたぐらいの幅60mm×奥行き120mm×高さ24mmのボディーに、プロジェクターに必要な光学系、投影素子、光源、それに電子回路とリチウムポリマー充電池を内蔵する。

外観はいたってシンプル 外観はいたってシンプル
外観はいたってシンプルでデザインも秀逸だ
曲面が手に馴染んで持ちやすい 底面には交換可能なバッテリーを搭載
しっとりとした特殊ウレタン塗装と、曲面が手に馴染んで持ちやすい底面には交換可能なバッテリーを搭載
投影レンズ横のダイアルはピント調節リング 映像入力および電源コネクター
正面から。投影レンズ横のダイアルはピント調節リング背面。映像入力および電源コネクターがある

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン