このページの本文へ

夏休みの自由研究がまだ終わっていない人に

防災の日企画! 地震を検知するお手軽キット

2009年09月01日 18時41分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

湿度調整に注意!

 静電気は湿度が高いと逃げてしまうので、残暑の厳しい9月に実験するときは、必ずエアコンをかけて湿度を下げた部屋で実験すること。

 条件が整ったら、静電場センサの金属ザルを取った状態(センサをむき出しの状態)にする。次に静電気モップを狂ったように振りまくる! 振りまくる! 振りまくる! これで静電気をチャージしてやるのだ。

 チャージが完了した静電気モップを静かに金属球に数センチまで近づけて(金属球に触れさせてはダメ)、サッ!と動かしてみよう。こうすることで、センサの周りの静電場を乱すことができる。

あらかじめ静電気をためておいたモップを静かに金属球に近づけ、思いっきり引き離す。これで静電場が乱れる

 注目すべきは、センサについている赤いLEDだ。静電気モップをサッ! と動かして、赤いLEDが点滅、ピピピ(30秒ほどなり続けたあと止まる)という警告音が鳴れば動作テスト完了だ。

静電場の乱れを検知すると赤いLEDが点滅、同時にアラームが30秒ほど鳴り続ける

 赤いLEDの点滅は、リセットスイッチを押すまで続くので、外出している間にセンサが電場の異常を検知しても、帰宅後に確認できる。またLEDの点滅中は、監視モードが解除されるので、新たに実験をする場合は、リセットスイッチを押して欲しい。

感度を上げ過ぎて誤動作してしまった場合、異常を検知したが再び観測する場合などはリセットスイッチを押す

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ