このページの本文へ

SilverStone「Raven 2」

ゲーマー向け大型PCケースRavenに冷却強化の新モデル

2009年08月19日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SilverStoneのゲーマー向けブランド「Raven」シリーズのケースに新モデル「Raven 2」(型番:SST-RV02B-W)が登場した。

SilverStoneのゲーマー向けブランド「Raven」シリーズのケースに新モデル「Raven 2」(型番:SST-RV02B-W)

 マザーボードのI/Oパネル面を上部に向けて設置(従来のマウントより90度回転)するという特殊なスタイルと、280(W)×660(D)×616(H)mmという巨大なサイズが特徴的な前作「Raven」の新モデルとなるのが、今回登場した「Raven 2」だ。
 サイズは212(W)×643(D)×503(H)mmと一回りほど小さくなったが、実際に見るとやはりデカイの一言。上昇気流によって効率的に排熱を行なうレイアウトという、いわば“煙突効果”を狙った特殊なマザーレイアウトは健在で、底面には180mm角(700/1000rpm、18/27dB)の大型吸気ファンを3基装備。さらに今作ではマザーだけではなく、電源ユニットまで縦にマウントして装着するようになっているなど、ケース底面から上面に拘ったエアフローがさらに強化されている印象だ。なお、上面のファンは従来モデルと変わらず120mm角(950rpm/18dB)排気が1基。

マザーボードのI/Oパネル面を上部に向けて設置(従来のマウントより90度回転)するという特殊なスタイルは健在。マザーだけではなく、電源ユニットまで縦にマウントして装着するようになっている

トップの様子。まるでケース背面のような見た目になっている。なおカバーを装着すると右の写真のように端子類は隠れる

 ベイ数は5インチ×8、3.5インチシャドウベイ×3に加え、システムドライブ用に最適なSSD用という2.5インチシャドウベイ×1も搭載。メンテナンスに便利な、CPUソケット裏面のスルーホールを備えるほか、電源から延びるケーブル類なども背面を通せるようになっておりエアフローを妨げないように工夫がなされている。
 なお、電源は非搭載。サイドパネルはアクリル仕様で、拡張スロットは計8本が用意されており、マルチGPU環境でも十分に対応が可能だ。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで1万9800円。作り込みの割には安価で、奥行き643mmというサイズの問題さえクリアーされるのであれば、ゲーマーPC用の筺体として有力な候補となりそうだ。

ケース背面(写真左)。電源ファンの吸気口が新たに設けられているのが分かる。底面には180mm角(700/1000rpm、18/27dB)の大型吸気ファンを3基装備する(写真右)

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中