このページの本文へ

Lian-Li「PC-P50B/PC-P50R」

中まで深紅のLian-Li「2009年モデル」のPCケースが登場

2009年07月15日 23時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Lian-Liの「2009年モデル」とされる新型のPCケース「PC-P50B/PC-P50R」の販売が今日からスタートしている。

「PC-P50B/PC-P50R」 「PC-P50R」内部
Lian-Liの「2009年モデル」とされる新型のPCケース「PC-P50B/PC-P50R」の販売が今日からスタート

 発売されたのは、ブラックモデルの「PC-P50B」と「炎を吐き出す龍」をイメージしたデザインのアクリルサイドパネルが特徴の「PC-P50R」2モデル。「PC-P50R」は内部およびリヤの塗装がレッドアルマイトとなる珍しい製品に仕上がっている。

ファン トップ
冷却ファンがフロントとリヤが120mm×各1基/トップが140mm×2基

 主なスペックは、サイズ210(W)×490(D)×495(H)mm、ベイ数が5インチベイ×9(ツールレス機構)、3.5インチシャドウベイ×3(防振対策済み)、冷却ファンがフロントとリヤが120mm×各1基/トップが140mm×2基。電源ユニットは下部マウント方式となる。拡張スロットは8でドライブベイまでの距離は275mm~290mm。ハイエンド系ビデオカードを搭載する場合も支障はないだろう。販売しているのはツクモパソコン本店IIとツクモケース王国で価格は「PC-P50B」が2万5800円、「PC-P50R」が3万1800円となっている。

「PC-P50B」フロント 「PC-P50B」リア
ブラックモデル「PC-P50B」のフロントとリヤ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中