このページの本文へ

Abee「acubic T180」

ハイエンドVGAを搭載可能なmicro ATXケースがアビーから

2010年11月26日 23時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 奥行き約360mmにもおよぶ拡張カードスペースを確保した、アビー製のmicro ATXケース「acubic T180」が登場。今日から店頭に並んでいる。

「acubic T180」
micro ATX対応PCケースながら奥行き約360mmにもおよぶ拡張カードスペースを確保したアビーの「acubic T180」

 フロントパネルとカバー素材にアルミを、シャシー素材とその他にスチールとステンレスを採用したPCケースだ。下段にHDDトレイを設けないことで、奥行き約360mmにもおよぶ拡張カードスペースを確保。「GeForce GTX 580」や「Radeon HD 6870」等のハイエンドビデオカードも悠々収納可能となるのが特徴だ。
 主なスペックは、サイズが356(H)×199(W)×429(D)mmで、重量は約4.7Kg。拡張ベイ数は、5インチ×1、3.5インチシャドウ×4、2.5インチシャドウ×2という構成。PCIスロットは4基で、フロントとリアにそれぞれ1基の120×120×25mmファン(NANO TEK FAN/1000rpm)を搭載している。カラーはシルバーとブラックの2色をラインナップ。
 価格は2万7980円で、クレバリー1号店やドスパラ秋葉原本店、TSUKUMO eX.、ソフマップリユース総合館で販売中だ。

内部の様子
内部の様子。取り外し可能なベイ部分は5インチ×1、3.5インチシャドウ×4、2.5インチシャドウ×2という構成。フロントには別途120mmファンを追加で装着可能だ
底面
底面にはお馴染みアルミインシュレータを標準装備。丸みをもたせた造形はケース全体を包み込む滑らかなラウンドシェイプを形成。アビーならではの高い成形技術だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中