このページの本文へ

ドトーの液晶モニターテスト2009 第1回

フルHD液晶 今買うならどれがいい?【22インチ編】

2009年08月11日 18時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ナナオ
FlexScan S2242W

サイズ/解像度 22インチ/1920×1200ドット スピーカー 0.5W×2
パネル種類 VAパネル
入力端子 DVI-D、D-Sub15ピン
設置面積 幅511×奥行き208.5×高さ439mm
実売価格 5万9800円前後

高性能なVAパネル採用のサラブレッド!
発色のよさはナンバーワン!!

 AdobeRGB色域カバー率95%の発色のよさが魅力。実売価格は5万円台とかなり高価に感じるが、同じ性能を24インチで求めた場合よりも2万円近く安価に済むため、画面サイズにこだわらないならお買い得度は非常に高い。ただ、気になるのは画面表面のギラつき。目を凝らすと画面表面にビーズ状のギラギラがある。22インチモデルは視聴位置が近くなりがちなため、かなり気になった。ダイナミックコントラスト技術は非搭載だが。発色のよさや画質にはなんら不満は感じない。

周囲の明るさを検知し、適正な画面輝度に自動調整する機能を搭載。適用は極めて滑らかかつ適正で、画面の暗さを感じずに節電ができるなど実用性が高い

画面を縦位置表示できるピボットを備える。回転方向は右回りのみ。縦位置写真の編集などに便利だ

76Wと、残念ながら非常に高い数値をマーク。高画質を実現するための回路部分などで消費電力が増えているものと思われる

スタンドを一番低くした状態での液晶パネルまでの高さは約125ミリ。スタンドは+40度のチルト、左右各35度のスイーベル機能を備える。画面高さ調整はこの状態から82mm上方へ上げられる

■Amazon.co.jpで購入

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中