このページの本文へ

ドトーの液晶モニターテスト2009 第1回

フルHD液晶 今買うならどれがいい?【22インチ編】

2009年08月11日 18時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

グリーンハウス
GH-JEJ223SH-LB

サイズ/解像度 21.5インチ/1920×1080ドット スピーカー 1W×2
パネル種類 メーカー非公開
入力端子 DVI-D、D-Sub15ピン、HDMI
設置面積 幅515.7×奥行き195.2×高さ382mm
実売価格 1万9000円前後

光沢パネル好きは要注目!
シンプルなデザインだからこそ使いやすい

 最近はやや数を減らしつつある光沢パネルを採用している。画面への背景の映り込みは気になるものの、シャープな発色が魅力的だ。直線を基本にしたシンプルなベゼルデザインを採用、さらに幅約2cmのサイドベゼルの細さとあわせ、省スペース性の高さは22インチ級モデルでもトップクラスだ。OSDボタンはベゼル右下部分に配置。ボタンどうしの間隔は狭めで電源ボタンが隣接しているため、うっかりOSD設定中に電源を落としてしまうことも。独自のコントラスト拡張技術でコントラスト比は最大10万:1をマーク。

映像入力切り替えは、メニューから入力を選択するタイプ。メニュー呼び出し→入力選択→決定と、3ステップで入力を切り替えられる

左が通常時、右がダイナミックコントラスト適用時。差は少なく、正直「言われなければ気付かない」というレベル。ダイナミックコントラストモードでも常用は問題ないだろう

前ページの「H223HQAbmid」に次ぐ、42Wをマーク。実は画面サイズが一回り大きな24インチモデルとの差はほとんどない。画面サイズが小さいからといって、特別に省電力というわけではないようだ

液晶パネルの最低地上高は約93ミリ。スタンドはマイナス方向へのチルト調整機能はないものの、+20度のチルト機能を備える。スイーベルなどはない

■Amazon.co.jpで購入

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中